Home
学部長メッセージ
学部概要
マスタープラン
教育研究活動
国際交流・留学
訪問者別INDEX
入学希望の皆さまへ
在学生の皆さまへ
卒業生の皆さまへ
地域の皆さまへ
研究関係の皆さまへ
研修医希望の方へ
歯科医師の求人を希望される方へ
 
教育研究活動
 
ホーム教育研究活動研究分野(旧講座)>口腔インプラント学(旧歯科補綴学第一)

口腔インプラント学(旧歯科補綴学第一) 概要

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科医療科学専攻
口腔インプラント学分野
Tel: 095-819-7688(受付)
Fax: 095-819-7689
ホームページ分野独自のホームページ
Department of Applied Prosthodontics,
Medical and Dental Sciences,
Graduate School of Biomedical Sciences,
Nagasaki University

指導教員
職名 氏名 E-mail 学位
教 授  澤瀬  隆
歯学博士
准教授  黒嶋 伸一郎
歯学博士
助 教  佐々木 宗輝
歯学博士
助 教  綿本 隆生(厚生労働省へ出向)
歯学博士
助 教  稲葉 菜緒

歯学博士
助 教  右藤 友督
歯学博士
助 教  于 皓
歯学博士
 冠補綴治療室
講 師  吉田 圭一
歯学博士
 口腔顎顔面インプラントセンター
講 師  尾立 哲郎
歯学博士
助 教  中谷 佑哉
歯学博士

教育活動
 (学部教育)
 冠橋義歯学講義および同実習
4年次・通年
 口腔インプラント学 5年次・前期
 接着歯学 5年次・前期
 医療面接 5年次・前期
 臨床器材・薬剤学 5年次・前期
 高齢者歯科学 5年次・前期
 先端基礎臨床講話 3年次・後期
 歯学展望 1年次・通年
 学内早期体験実習 1年次・前期
 (大学院教育)
 歯冠修復学特論 1,2年次・通年
 生体材料学 1,2年次・通年
 (全学教育)
 口の健康・体の健康 1,2年次・後期
 口の健康と歯科治療 1,2年次・後期
 (留学生教育)

 

主な研究テーマ
  • インプラントの生体力学
  • 骨粗鬆症治療薬に関連した顎骨壊死の病態解明および治療
  • インプラント周囲におけるマイクロバイオームの評価
  • 高分子・複合材料の開発と評価
  • レーザーシンタリングやCAD/CAMを応用した新規材料の開発および評価

主な原著論文
  1. 荷重介在型骨質制御インプラントに関するトランスレーショナルリサーチ
    ・Kuroshima S, Yasutake M, Tsuiki K, Nakano T, Sawase T. Structural and Qualitative
     Bone Remodeling Around Repetitive Loaded Implants in Rabbits. Clinical Implant Dentistry and Related Research, vol17 Suppl 2, pp. e699-e710, 2015
    ・Munenori Yasutake, DDS, Shinichiro Kuroshima, DDS, PhD, Takuya Ishimoto, PhD, Takayoshi Nakano, PhD,   Takashi Sawase, DDS, PhD, Influence of Implant Neck Design on Bone Formation under Mechanical Repetitive Loading: Histomorphometric and Microcomputed Tomographic Studies in Rabbit Tibiae. Accepted for publication in IMPLANT DENTISTRY 2016.
    ・Miyahara K, Watamoto T, Uto Y, Sawase T. Effect of Macroscopic Grooves on Bone Formation and Osteoblastic Differentiation. Implant Dentistry vol24 No4 pp. 370-376 2015・澤瀬 隆,歯科インプラント用フィクスチャーおよび歯科インプラント(特願2014-240346)・国内

  2. 骨粗鬆症治療薬が顎骨に与える影響に関する総合的研究
    Kuroshima S, Entezami P, McCauley LK, Yamashita J, Early effects of parathyroid hormone on bisphosphonate/steroid-associated compromised osseous wound healing. Osteoporosis International, vol25 No3 pp. 1141-1150 2014
    Kuroshima S, Kozloff KM, McCauley LK, Yamashita J. Intra-oral PTH administration promotes tooth extraction socket healing. Journal of Dental Research, vol92 No6 pp. 553-559 2013
    Kuroshima S, Virginia-Arlene A. Go, Yamashita, J Increased numbers of tartrate-resistant acid phosphatase positive cells on long-term zoledronic acid therapy in mice. Endocrinology vol153 No1 2012

  3. レジンセメントのガラスセラミックスとの接着耐久性向上を提唱した研究
    Meng FX, Yoshida K, Gu N, Chemical adhesion rather than mechanical retention enhances resin bond durability of dental glass ceramic with leucite crystallites. Biomedical Materials 5(4) 44101, 2010
    Taira Y, Ssakai M, Sawase T. Effects of primer containing silane and thiophosphate monomers on bonding resin to a leucite-reinforced ceramic. Journal of Dentistry 40(5) 353-358 2012
    Yoshida K, Meng X. Microhardness of duak-polymerizing resin cements and foundation composite resins for luting fiber-reinforced posts. Journal of Prosthetic Dentistry 11186) 505-511 2014


研究業績(1995年〜) PDF
  2012年 2011年 2010年 2009年
2008年 2007年 2006年 2005年 2004年
2003年 2002年 2001年 2000年 1999年
1998年 1997年 1996年 1995年  
各業績集はPDFデータで作成されています。
閲覧には、Adobe Acrobat Readerが必要です。
 
 
国立大学法人 長崎大学