Home
学部長メッセージ
学部概要
マスタープラン
教育研究活動
国際交流・留学
訪問者別INDEX
入学希望の皆さまへ
在学生の皆さまへ
卒業生の皆さまへ
地域の皆さまへ
研究関係の皆さまへ
研修医希望の方へ
歯科医師の求人を希望される方へ
 
教育研究活動
 
ホーム教育研究活動研究分野(旧講座)>総合歯科臨床教育学

総合歯科臨床教育学(医療教育開発センター 歯科教育研修部門) 概要

長崎大学歯学部・大学病院
総合歯科臨床教育学
(医療教育開発センター 歯科教育研修部門)

歯学部
総合歯科臨床教育学:
Tel:095-819-7750
Fax:095-819-7760

病院
医療教育開発センター 歯科教育研修部門:
Tel:095-819-7757
Fax:095-819-7760

総合歯科診療部

ホームページ分野独自のホームページ

Department for Clinical Education in General Dentistry(Medical Education Development Center),
Nagasaki University School of Dentistry , University Hospital(Dental Division)

Department of General Dentistry


         ■総合歯科臨床教育学
職名 氏名 E-mail 学位
教 授  角 忠輝
 sumi@@nagasaki-u.ac.jp
歯学博士
助 教  木村 泰男
kimyasu@@nagasaki-u.ac.jp
歯学博士
助 教  吉澤 祐     
 yoshiza@@nagasaki-u.ac.jp
歯学博士

           ■医療教育開発センター

職名 氏名 E-mail 学位
准教授  久保 至誠
kubo@@nagasaki-u.ac.jp
歯学博士
総合歯科診療部
職名 氏名 E-mail 学位
講 師  林田 秀明
hide@@nagasaki-u.ac.jp
歯学博士
講 師  鎌田 幸治
kamada@@nagasaki-u.ac.jp
歯学博士
助 教  山下 利佳
rikanaka@@nagasaki-u.ac.jp
歯学博士
助 教  野上 朋幸
nogami@@nagasaki-u.ac.jp
歯学博士
スパムメール防止のため@@になっています。 @を一つ削除してください

教育活動
 (学部教育)
 学内早期体験実習
1年次・前期
 学外早期体験実習 1年次・後期
 臨床解剖学(統合科目) 4年次・後期
 臨床歯科器材・薬剤学(統合科目) 5年次・前期
 接着歯学(統合科目) 5年次・前期
 医療面接(統合科目) 5年次・前期
 臨床実習 5、6年次・通年
 (大学院教育)
   
 (全学教育)
全学モジュール(II)医療現場の安 全・安心 2年次・後期
 (卒後教育)
 臨床研修 研修歯科医

主な研究テーマ

卒前、卒後の臨床教育
修復物の長期臨床成績
再修復の判定基準
う蝕の進行速度
頭頸部画像診断
口腔乾燥症の診断と治療
頭頸部腫瘍に対する放射線治療
顎関節症の診断
歯周病と全身疾患の関連


主な原著論文
  1. Tamaki N, Hayashida H, Fukui M, Kitamura M, Kawasaki K, Nakazato M, Maeda T, Saito T, Ito HO: Oxidative stress and antibody levels to periodontal bacteria in adults: the Nagasaki Islands study. Oral Dis. 20: e49-56. 2014 (IF: 2.404)
  2. Kubo S, Yokota H, Yokota H, Hayashi Y: Challenges to the clinical placement and evaluation of adhesively-bonded, cervical composite restorations. Dent Mater 29: 10-27, 2013 (IF: 3.135)
  3. Kubo S, Yokota H, Yokota H, Hayashi Y: Two-year clinical evaluation of one-step self-etch systems in non-carious cervical lesions, J Dent, 37: 149-155, 2009 (IF: 1.995)
  4. Kubo S, Yokota H, Kawasaki K. Hayashi Y: Five-year clinical evaluation of two adhesive systems in non-carious cervical lesions, J Dent, 34: 97-105, 2006 (IF: 1.995)
  5. Kubo S, Yokota H, Yokota H, Hayashi Y: Microleakage of cervical cavities restored with flowable composites, Am J Dent, 17: 33-37, 2004 (IF: 1.276)
  6. Kubo S, Yokota H, Yokota H, Hayashi Y: The effect of light-curing modes on the microleakage of cervical resin composite restorations, J Dent, 32: 247-254, 2004 (IF: 1.995)
  7. Sumi T, Takagi Y, Ichikawa Y, Sumi M, Kimura Y, Nakamura T.:Imaging
    features of the lacrimal and salivary glands of patients with IgG4-related
    Mikulicz’s disease: a report of three cases., Oral Radiology., 28:140-145,
    2012.
  8. Sumi M, Van Cauteren M, Sumi T, Obara M, Ichikawa Y, Nakamura T.:Salivary
    gland tumors: use of intravoxel incoherent motion MR imaging for assessment
    of diffusion and perfusion for the differentiation of benign from malignant
    tumors., Radiology., 263:770-777, 2012.
  9. Sumi T, Sumi M, Van Cauteren M, Kimura Y, Nakamura T.:Parallel Imaging
    Technique for the External Carotid Artery and its Branches: Comparison of
    Balanced Turbo Field Echo, Phase Contrast, and Time-of-Flight Sequences., J Magn Reson Imaging.,  25:1028-1034, 2007.

研究業績(1995年〜) PDF
  2012年 2011年 2010年 2009年
2008年 2007年      
         
         
各業績集はPDFデータで作成されています。
閲覧には、Adobe Readerが必要です。
 
 
国立大学法人 長崎大学