Home
学部長メッセージ
学部概要
マスタープラン
教育研究活動
国際交流・留学
訪問者別INDEX
入学希望の皆さまへ
在学生の皆さまへ
卒業生の皆さまへ
地域の皆さまへ
研究関係の皆さまへ
研修医希望の方へ
歯科医師の求人を希望される方へ
 
教育研究活動
 
ホーム教育研究活動研究分野(旧講座)>歯科麻酔学(旧歯科麻酔科)

歯科麻酔学(旧歯科麻酔科) 概要

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科医療科学専攻 展開医療科学講座
歯科麻酔学分野
Tel: 095-819-7714(受付)
Fax: 095-819-7715
ホームページ分野独自のホームページ
Department of Clinical Physiology,
Unit of Translationall Medicine,
Graduate School of Biomedical Sciences,
Nagasaki University

指導教員
職名 氏名 E-mail 学位
教 授  鮎瀬 卓郎
 ayuse@@nagasaki-u.ac.jp
歯学博士
准教授  讃岐 拓郎
 
歯学博士
助 教  岡安 一郎
 okayasu@@nagasaki-u.ac.jp
歯学博士
 病院 診断管理科 (麻酔・生体管理室)
助 教  倉田 眞治
 kura@@nagasaki-u.ac.jp
歯学博士
助 教  池田 直樹
 ikenao@@nagasaki-u.ac.jp
歯学士
スパムメール防止のため@@になっています。 @を一つ削除してください

教育活動
 (学部教育)
 歯科麻酔学 5年次・前期
 臨床解剖学 5年次・前期
 歯科麻酔学実習 5年次・後期
 (大学院教育)
 歯科麻酔学演習・実習・論文研究 大学院
 (全学教育)
 痛みの治療 1,2年次
 (留学生教育)
   

主な研究テーマ
  • 口腔外科手術および歯科治療における全身麻酔学
  • 精神鎮静法に関する研究
  • 歯科治療時のストレスに関する研究
  • 口腔外科手術時の脳循環動態に関する研究
  • 口腔・顔面領域の痛みに関する研究

主な原著論文
  1. Ayuse T, Hoshino Y, Kurata S, Schneider H, Kirkness JP, Patil SP, Schwartz AR, Oi K: The effect of gender on compensatory neuromuscular response to upper airway obstruction in normal subjects under midazolam general anesthesia. Anesth Analg 2009; 109: 1209-18(IF:2.590)
  2. Hoshino Y, Ayuse T, Kurata S, Schneider H, Kirkness JP, Patil SP, Schwartz AR, Oi K: The compensatory responses to upper airway obstruction in normal subjects under propofol anesthesia. Respir Physiol Neurobiol 2009; 166: 24-31(IF:2.035)
  3. Ishitobi S, Ayuse T, Yoshida H, Oi K, Toda K, Miyamoto T: Effects of midazolam on acquisition and extinction of conditioned taste aversion memory in rats. Neurosci Lett 2009; 450: 270-4(IF:2.200)
  4. Okayasu I, Oi K, De Laat A: The effect of tooth clenching on the sensory and pain perception in the oro-facial region of symptom-free men and women. J Oral Rehabil 2009; 36: 476-82(IF:1.356)
  5. Ikeda H, Ayuse T, Oi K : The effect of head and body positioning on upper airway collapsibility in normal subjects who received midazolam sedation. J Clin Anesth 18(3): 185-193, 2006 (IF: 1.115)
  6. Ayuse T, Ayuse T, Ishitobi S, Kurata S, Okayasu I, Sakamoto E, Oi K : Effect of reclining and chin-tuck position on the coordination between respiration and swallowing. J Oral Rehabil 33(6): 402-408, 2006 (IF: 0.717)
  7. Ayuse T, Hoshino Y, Inazawa T, Oi K, Schneider H, Schwarts AR : A pilot study of quantitative assessment of mandible advancement using pressure-flow relatonship during midazolam sedation. J Oral Rehabil 33(11): 813-819, 2006 (IF: 0.717)
  8. Inazawa T, Ayuse T, Kurata S, Okayasu I, Sakamoto E, Oi K, Schneider H, Schwartz AR : Effect of mandible position on upper airway collapsibility and resistance during midazolam sedation., J Dent Res, 84(6), 554-558, 2005 (IF: 3.131)
  9. Ayuse T, Ayuse T, Ishitobi S, Kurata S, Sakamoto E, Okayasu I, Oi K : Effect of reclining and chin-tuck position on the coordination between respiration and swallowing., J. Oral. Rehab., 32, 1-7, 2005. (IF: 0.692)
  10. Ikeda H, Ayuse T, Oi K : The effects of head and body position on upper airway collapsibility in normal subjects during Midazolam sedation. J. Clin. Anesth, (in press) (IF: 1.208)

研究業績(1995年〜) PDF
  2012年 2011年 2010年 2009年
2008年 2007年 2006年 2005年 2004年
2003年 2002年 2001年 2000年 1999年
1998年 1997年 1996年 1995年  
各業績集はPDFデータで作成されています。
閲覧には、Adobe Readerが必要です。
 
 
国立大学法人 長崎大学