Home
学部長メッセージ
学部概要
マスタープラン
教育研究活動
国際交流・留学
訪問者別INDEX
入学希望の皆さまへ
在学生の皆さまへ
卒業生の皆さまへ
地域の皆さまへ
研究関係の皆さまへ
研修医希望の方へ
歯科医師の求人を希望される方へ
 
教育研究活動
 
ホーム教育研究活動研究分野(旧講座)>生体材料学(旧歯科理工学)

生体材料学(旧歯科理工学) 概要

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科医療科学専攻 生命医科学講座
生体材料学分野
Tel: 095-819-7656(受付)
Fax: 095-819-7658
ホームページ分野独自のホームページ
Department of Dental and Biomedical Materials Science,
Unit of Basic Medical Sciences,
Graduate School of Biomedical Sciences,
Nagasaki University

指導教員
職名 氏名 E-mail 学位
教 授  渡邊 郁哉
 ikuyaw@@nagasaki-u.ac.jp
歯学博士
准教授  白石 孝信
 siraisi@@nagasaki-u.ac.jp
歯学博士
助 教  Valanezhad Alireza
 vala@@nagasaki-u.ac.jp
歯学博士
スパムメール防止のため@@になっています。 @を一つ削除してください

教育活動
 (学部教育)
 歯科理工学 I 2年次・後期
 歯科理工学 U 2年次・後期
 歯科理工学 V 3年次・後期
 歯科理工学実験 3年次・後期
 科学日本語・英語 T,U 2,3年次・後期
 基礎歯学輪講 6年次・前期
 歯学ゼミナール 3年次・前期
 臨床歯科器材・薬剤学 5年次・前期
 実践臨床歯科英会話 4年次・後期
 細胞生物学入門 1年次・前期
 (大学院教育)
 生体材料科学 大学院
 生体材料工学 大学院
 (全学教育)
 教養セミナー 1・2年次
 (留学生教育)
   

主な研究テーマ
  • 歯科用セラミックス生体材料の機械的性質と光学特性
  • 歯冠修復用オールセラミック材料の光学特性の分光学的研究
  • 骨代替用低弾性率・高耐食性チタン合金の開発
  • 電気化学測定法による歯科用合金の耐食性評価

主な原著論文
  1. Eid A, Komabayashi T, Watanabe E, Shiraishi T, Watanabe I: Chracterization of the mineral trioxide aggregate-resin modified glass ionomer cement interface in different setting conditions. J Endodont 38(8): 1126-1129, 2012 (IF: 2.880)
  2. Shiraishi T, Wood DJ, Shinozaki N, van Noort R: Optical properties of base dentin ceramics for all-ceramic restorations. Dent Mater 27(2): 165-172, 2011 (IF: 2.920)
  3. Johnson A, Shiraishi T, Al-Salehi SK: Ion release from experimental Au-Pt-based metal-ceramic alloys. Dent Mater 26(7): 682-687, 2010 (IF: 2.882)
  4. El-Shahawy W. Watanabe I, Kramer P. In-vitro cytotoxicity evaluation of elemental ions released from different prosthodontic materials. Dent Mater 25:1551-1555, 2009 (2.941)
  5. Watanabe I, McBride M, Newton P, Kurtz K. Laser surface treatment to improve mechanical properties of cast titanium. Dent Mater 25, 629-633, 2009 (2.941)
  6. Larsen CM, Watanabe I, Glickman G, He J. Cyclic Fatigue Analysis of a New Generation of NiTi Rotary Instruments. J Endodont 35, 401-403, 2009 (2.727)
  7. El-shahawy W, Watanabe I. Elemental ion release from four different fixed prosthodontic materials. Dent Mater 25, 976-981, 2009 (2.941)
  8. Kramer P, JanikKeith A, Cai Z, Ma S, Watanabe I. Integrin mediated attachment of periodontal ligament to titanium surfaces. Dent Mater 25, 877-883, 2009 (2.941)
  9. Wood DJ, Shiraishi T, Shinozaki N, Van Noort R: Spectral reflectance and color of dentin ceramics for all-ceramic restorations, Dental Materials, 24(12), 1661-1669, 2008 (2.990)
  10. Shiraishi T, Takuma Y, Miura E, Fujita T, Hisatsune K: Variations of color with alloying elements in Pd-free Au-Pt-based high noble dental alloys, Materials Science and Engineering B, 140(3), 147-152, 2007 (1.331)

研究業績(1995年〜) PDF
  2012年 2011年 2010年 2009年
2008年 2007年 2006年 2005年 2004年
2003年 2002年 2001年 2000年 1999年
1998年 1997年 1996年 1995年  
各業績集はPDFデータで作成されています。
閲覧には、Adobe Readerが必要です。
 
 
国立大学法人 長崎大学