Home
学部長メッセージ
学部概要
マスタープラン
教育研究活動
国際交流・留学
訪問者別INDEX
入学希望の皆さまへ
在学生の皆さまへ
卒業生の皆さまへ
地域の皆さまへ
研究関係の皆さまへ
研修医希望の方へ
歯科医師の求人を希望される方へ
 
教育研究活動
 
ホーム教育研究活動研究分野(旧講座)>歯科法医学

歯科法医学 概要

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科医療科学専攻
歯科法医学分野
Tel: 095-819-8597
Fax: 095-819-8597
ホームページ分野独自のホームページ

Department of forensic dental science,
Medical and Dental Sciences, Graduate School of Biomedical Sciences, Nagasaki University


指導教員
職名 氏名 E-mail 学位
准教授  中留 真人
医学博士

教育活動
 (学部教育)
 歯科医療管理学  6年次 前期
 隣接医学III(法医学)  3年次 後期

主な研究テーマ
  • 歯科医療関連死などの再発防止に関する研究
  • 警察歯科活動(歯牙鑑定、マニュアル作成や研修会開催など)の支援
  • DNA多型等を利用した個人識別に関する研究
  • 時計遺伝子のメチル化を指標とした分子遺伝学的研究
  • 乳幼児突然死症候群に関連する遺伝子の多型解析(共同研究)

主な原著論文
  1. Motoki Osawa, Yoshihiko Inaoka, Masato Nakatome, Keiko Miyashita, Eriko Ochiai, Yu Kakimoto, Fumiko Satoh and Ryoji Matoba: Association analysis of CYP2A6 polymorphism to sudden and unexpected death of infants, Integrative Molecular Medicine, 2(2), 142-144, 2015.
  2. Nakatome M, Orii M, Hamajima M, Hirata Y, Uemura M, Hirayama S, Isobe I: Methylation analysis of circadian clock gene promoters in forensic autopsy specimens, Legal Medicine (Tokyo), 13(4), 205-209, 2011.
  3. Yamamoto T, Tanaka H, Kobayashi H, Okamura K, Tanaka T, Emoto Y, Sugimoto K, Nakatome M, Sakai N, Kuroki H, Yamaguchi S, Matoba R: Retrospective review of Japanese sudden unexpected death in infancy: The importance of metabolic autopsy and expanded newborn screening, Mol Genet Metab, 102(4), 399-406, 2011.
  4. Nakatome M, Yamamoto T, Isobe I, Matoba R: Diplotype analysis of the humancardiac sodium channel regulatory region in Japanese cases of sudden death by unknown causes, Legal Medicine (Tokyo), 11(6)298-301, 2009.
  5. Masui S, Nakatome M, Matoba R: Variants of the melanocortin 1 receptor gene (MC1R) and P gene as indicators of the population origin of an individual, Int J Legal Med, 123(3), 205-211, 2009.
  6. Masui S, Nakatome M, Matoba R: Variants of the melanocortin 1 receptor gene (MC1R) and P gene would be effective for estimating the population origin of an individual, Legal Medicine (Tokyo), 11(Suppl), 463-465, 2009.
  7. Nakatome M, Miyaji A, Mochizuki K, Kishi Y, Isobe I, Matoba R: Association between the GST genetic polymorphisms and methamphetamine abusers in the Japanese population, Legal Medicine (Tokyo), 11(Suppl), 468-470, 2009.

研究業績(2016年〜) PDF
2016年        
各業績集はPDFデータで作成されています。
閲覧には、Adobe Acrobat Readerが必要です。
 
 
国立大学法人 長崎大学