Home
学部長メッセージ
学部概要
マスタープラン
教育研究活動
国際交流・留学
訪問者別INDEX
入学希望の皆さまへ
在学生の皆さまへ
卒業生の皆さまへ
地域の皆さまへ
研究関係の皆さまへ
研修医希望の方へ
歯科医師の求人を希望される方へ
 
教育研究活動
 
ホーム教育研究活動研究分野(旧講座)>口腔病原微生物学(旧口腔細菌学)

口腔病原微生物学(旧口腔細菌学) 概要

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科新興感染症病態制御学専攻
口腔病原微生物学分野
Tel: 095-819-7649(受付)
Fax: 095-819-7650
ホームページ分野独自のホームページ
Department of Microbiology and Oral Infection,
Infection Research,
Graduate School of Biomedical Sciences,
Nagasaki University

指導教員
職名 氏名 E-mail 学位
准教授  内藤 真理子
歯学博士
助 教  庄子 幹郎
歯学博士
助 教  佐藤 啓子
歯学博士

教育活動
 (学部教育)
 微生物学 3年次・通年
 口腔微生物学 3年次・前期
 口腔微生物学実習 3年次・後期
 (大学院教育)
 口腔免疫、感染症学特論
大学院
 (全学教育)
 生命の科学 1・2年次

主な研究テーマ
  • 感染性微生物の生体への影響と反応性
  • 口腔微生物と全身疾患との関わり
  • 口腔嫌気性細薗の生体鉄獲得機構
  • 口腔嫌気性細菌のタンパク分泌機構
  • 口腔嫌気性細薗のゲノム解析

主な原著論文
  1. Nakane D, Sato K, Wada H, McBride MJ, and Nakayama K: Helical flow of surface protein required for bacterial gliding motility. Proc Natl Acad Sci USA , Published online before print June 18, 2013, doi: 10.1073/pnas.1219753110
  2. Shoji M, Sato K, Yukitake H, Kondo Y, Narita Y, Kadowaki T, Naito M, and Nakayama K.:Por secretion system-dependent secretion and glycosylation of Porphyromonas gingivalis hemin-binding protein 35. PLos One,6(6):e21372, 2011
  3. Yamaguchi M, Sato K, Yukitake H, Noiri Y, Ebisu S, Nakayama K: Porphyromonas gingivalis mutant defective in a putative glycosyltransferase exhibits defective biosynthesis of polysaccharide portions of lipopolysaccharide, decreased gingipain activities, strong autoaggregation and increased biofilm formation. Infect Immun 78(9) 3801-3812, 2010
  4. Kondo Y, Ohara N, Sato K, Yoshimura M, Yukitake H, Naito M, Fujiwara T, Nakayama K: Tetratricopeptide repeat protein-associated proteins contribute to the virulence of Porphyromonas gingivalis. Infect Immun 78(6) 2846-2856, 2010
  5. Sato K, Naito M, Yukitake H, Hirakawa H, Shoji M, McBride MJ, Rhodes RG, Nakayama K: A protein secretion system linked to bacteroidete gliding motility and pathogenesis. Proc Natl Acad Sci USA 107: 276-281, 2010
  6. Naito M, Hirakawa H, Yamashita A, Ohara N, Shoji M, Yukitake H, Nakayama K, Toh H, Yoshimura F, Kuhara S, Hattori M, Hayashi T, Nakayama K. Determination of the genome sequence of Porphyromonas gingivalis strain ATCC 33277 and genomic comparison with strain W83 revealed extensive genome rearrangements in P. gingivalis. DNA Res. 15(4):215-25, 2008
  7. Sakai E, Naito M, Sato K, Hotokezaka H, Kadowaki T, Kamaguchi A, Yamamoto K, Okamoto K, Nakayama K: Cnstruction of recombinant hemagglutinin derived from the gingipain-encoding gene of Porphyromonas gingivalis, identification of its target protein on erythrocytes, and inhibition of hemagglutination by an inter-domain regional peptide. J Bacteriol 189(11): 3977-3986, 2007

研究業績(1995年〜) PDF
      2015年 2014年
2013年 2012年 2011年 2010年 2009年
2008年 2007年 2006年 2005年 2004年
2003年 2002年 2001年 2000年 1999年
1998年 1997年 1996年 1995年  
各業績集はPDFデータで作成されています。
閲覧には、Adobe Acrobat Readerが必要です。
 
 
国立大学法人 長崎大学