Home
学部長メッセージ
学部概要
マスタープラン
教育研究活動
国際交流・留学
訪問者別INDEX
入学希望の皆さまへ
在学生の皆さまへ
卒業生の皆さまへ
地域の皆さまへ
研究関係の皆さまへ
研修医希望の方へ
歯科医師の求人を希望される方へ
 
教育研究活動
 
ホーム教育研究活動研究分野(旧講座)>顎顔面解剖学(旧腔解剖学第一)

顎顔面解剖学(旧口腔解剖学第一) 概要

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科医療科学専攻
顎顔面解剖学分野
Tel: 095-819-7627(受付)
Fax: 095-819-7628
ホームページ分野独自のホームページ
Department of Oral Anatomy and Dental Anthropology,
Medical and Dental Sciences,
Graduate School of Biomedical Sciences,
Nagasaki University

指導教員
職名 氏名 E-mail 学位
教 授  真鍋 義孝
歯学博士
准教授  小山田 常一
歯学博士
助 教  西 啓太
医学博士

教育活動
 (学部教育)
 骨学及び同実習 1年次・後期
 解剖学及び同実習 2年次・後期
 口腔解剖学及び同実習 3年次・前期
 臨床解剖学 4年次・後期
 基礎歯学研究概論 3年次・前期
 基礎歯学研究 3,4年次・通年
 歯学研究 5,6年次・通年
 歯学展望 1年次・前期
 基礎歯学輪講 6年次・前期
 細胞生物学プラクシス 1年次・前期
 硬組織科学PBL 5年次・前期
 (大学院教育)
 顎顔面解剖学演習T 1,2年次・前期
 顎顔面解剖学演習U 1,2年次・後期
 顎顔面解剖学演習V 1,2年次・前期
 顎顔面解剖学演習W 1,,2年次・後期
 顎顔面解剖学実習T 1,2年次・前期
 顎顔面解剖学実習U 1,2年次・後期
 顎顔面解剖学論文研究T 3,4年次・前期
 顎顔面解剖学論文研究U 3,4年次・後期
 硬組織科学 1,2年次・後期
 先端機器実習
1,2年次・前期
 (教養教育)
 全学モジュールT
 美と健康T(歯の進化と人類学)
1〜4年次・後期
 (留学生教育)
 短期留学プログラム
 Anatomy of human body and physical anthropology
短期外国人留学生・春期

主な研究テーマ
  • 歯の形質人類学
  • 歯の比較解剖学
  • 口腔顎顔面領域の小進化
  • 顎口腔領域の古病理

主な原著論文
  1. Sex differences in linear enamel hypoplasia (LEH) in early modern Japan. Oyamada Joichi, Kitagawa Yoshikazu, Kato Katsutomo, Matsushita Takayuki, Tsurumoto Toshiyuki and Manabe Yoshitaka. Anthropological Science, 120, 97-101, 2012
  2. Nonmetric dental characteristics of the early modern population of Okinawa island in Nansei islands, Japan. Manabe Yoshitaka, Oyamada Joichi, Kitagawa Yoshikazu, Igawa Kazunari, Kato Katsutomo, Matsushita Takayuki, Rokutanda Atsushi. International Journal Of Osteoarchaeology, 21, 679-693, 2011
  3. Preliminary analysis of regional differences in dental pathology of early modern commoners in Japan. Oyamada Joichi, Igawa Kazunari, Manabe Yoshitaka, Kato Katsutomo, Matsushita Takayuki, Rokutanda Atsushi, Kitagawa Yoshikazu. Anthropological Science, 118, 1-8, 2010
  4. Mitochondorial DNA analysis of Yayoi period human skeletal remains from the Doigahama site.Igawa K, Manabe Y, Oyamada J, Kitagawa Y, Kato K, Ikematsu K, Nakasono I, Matsushita T, and Rokutanda A. Journal of Human Genetics 54, 581-588, 2009
  5. Population history of the northern and central Nansei Islands (Ryukyu island arc) based on dental morphological variations: gene flow from north Kyushu to Nansei Islands. Manabe Y., Kitagawa Y., Oyamada J., Igawa K., Kato K., Kikuchi N., Maruo H., Kobayashi S., Rokutanda A. Anthropological Science, 116, 49-65, 2008
  6. Pathology of deciduous teeth in the samurai and commoner children of early modern Japan. Oyamada Joichi, Igawa Kazunari, Kitagawa Yoshikazu, Manabe Yoshitaka, Kato Katsutomo, Matsushita Takayuki, and Rokutanda Atsushi.Anthropological Science, 116, 9-15, 2008
  7. Dental morphology of the Dawenkou Neolithic population in north China: implications for the origin and distribution of Sinodonty. Manabe Yoshitaka Oyamada Joichi, Kitagawa Yoshikazu, Rokutanda Atsushi, Kato Katsutomo, Matsushita Takayuki. Journal of Human Evolution, 45, 369-380, 2003
  8. Japanese deciduous tooth size: past and present. Kitagawa Yoshikazu, Manabe Yoshitaka, Oyamada Joichi, Rokutanda Atsushi. Anthropological Science, 110, 335-347, 2002
  9. Morphological and anthropological aspects of human triangular deciduous lower first molar teeth. Kitagawa Yoshikazu, Manabe Yoshitaka, Oyamada Joichi, Rokutanda Atsushi. Archs. Oral. Biol. 41, 387-391, 1996
  10. Deciduous dental morphology of the prehistoric Jomon people of Japan comparison of nonmetic characters. Kitagawa Yoshikazu, Manabe Yoshitaka, Oyamada Joichi, Rokutanda Atsushi. Am. J. Phys. Anthropol. 97, 101-111, 1995

研究業績(1995年〜) PDF
  2012年 2011年 2010年 2009年
2008年 2007年 2006年 2005年 2004年
2003年 2002年 2001年 2000年 1999年
1998年 1997年 1996年 1995年  
各業績集はPDFデータで作成されています。
閲覧には、Adobe Acrobat Readerが必要です。
 
 
国立大学法人 長崎大学