Home
学部長メッセージ
学部概要
マスタープラン
教育研究活動
国際交流・留学
訪問者別INDEX
入学希望の皆さまへ
在学生の皆さまへ
卒業生の皆さまへ
地域の皆さまへ
研究関係の皆さまへ
研修医希望の方へ
歯科医師の求人を希望される方へ
 
教育研究活動
 
ホーム教育研究活動研究分野(旧講座)>歯科矯正学(旧歯科矯正学)

歯科矯正学(旧歯科矯正学) 概要

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科医療科学専攻 展開医療科学講座
歯科矯正学分野
Tel: 095-819-7669(受付)
Fax: 095-819-7670
ホームページ分野独自のホームページ
Department of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics,
Unit of Translationall Medicine,
Graduate School of Biomedical Sciences,
Nagasaki University

指導教員
職名 氏名 E-mail 学位
教 授  吉田 教明
  nori@@nagasaki-u.ac.jp
歯学博士
講 師  佛坂 斉祉
 hotoke@@nagasaki-u.ac.jp
歯学博士
助 教  藤村 裕治
 yuji@@nagasaki-u.ac.jp
歯学博士
助 教  富永 淳也
 tomi226@@nagasaki-u.ac.jp
歯学博士
助 教  森田 幸子
  moriyu@@nagasaki-u.ac.jp
歯学博士
 総合歯科(矯正歯科室)
講 師  丸山 陽市
  ymaru@@nagasaki-u.ac.jp
歯学博士
講 師  古賀 義之
  koga@@nagasaki-u.ac.jp
歯学博士
スパムメール防止のため@@になっています。 @を一つ削除してください

教育活動
 (学部教育)
 学内早期体験実習 1年次・前期
 歯学展望 1年次・前期
 先端歯科基礎・臨床講話 3年次・後期
 歯科矯正学 4年次・前期
 歯科矯正学実習 4年次・前期
 臨床解剖学 5年次・前期
 成育歯学 5年次・前期
 (大学院教育)
 歯科矯正学演習 1,2年次・前・後期
 歯科矯正学実習 1,2年次・前・後期
 歯科矯正学論文研究 1,2年次・前・後期
 (全学教育)
 口の健康、体の健康
1,2年次・前・後期
 生体の機能(口の健康と歯科治療) 1,2年次・後期
 (留学生教育)

 

主な研究テーマ
  • 顎口腔機能の発達と顎顔面の形態成長のメカニズム解明
  • 破骨細胞分化誘導制御に関する研究
  • 矯正力による歯の移動のバイオメカニクス・歯の移動動態の解析
  • 矯正治療期間を短縮するための効率的歯牙移動メカニクスの開発
  • 顎顔面および歯列形態の3次元形状計測
  • 歯根吸収のメカニズムの解明

主な原著論文
  1. Kitaura H, Yoshimatsu M, Fujimura Y, Eguchi T, Kohara H, Yamaguchi A, Yoshida N: An anti-c-Fms antibody inhibits orthodontic tooth movement. J Dent Res 87(4): 396-400, 2008 (IF:3.496)
  2. Yozgatian JH, Zeredo JL, Hotokezaka H, Koga Y, Toda K, Yoshida N: Emotional stress- and pain-related behaviors evoked by experimental tooth movement. Angle Orthod 78(3): 487-494, 2008 (IF:0.972)
  3. Gonzales C, Hotokezaka H, Yoshimatsu M, Yozgatian JH, Darendeliler MA, Yoshida N: Force magnitude and duration effects on amount of tooth movement and root resorption in the rat molar. Angle Orthod 78(3): 502-509, 2008 (IF:0.972)
  4. Yoshimatsu M, Uehara M, Yoshida N: Expression of heat shock protein 47 in the periodontal ligament during orthodontic tooth movement. Arch Oral Biol 53(9), 890-895, 2008 (IF:1.554)
  5. Hotokezaka H, Sakai E, Ohara N, Hotokezaka Y, Gonzales C, Matsuo K, Fujimura Y, Yoshida N, Nakayama K: Molecular analysis of RANKL-independent cell fusion of osteoclast-like cells induced by TNF-alpha, lipopolysaccharide, or peptidoglycan. J Cell Biochem 101 (1): 122-134, 2007 (IF:3.409)
  6. Sia SS, Koga Y, Yoshida N: Determining the Center of Resistance of Maxillary Anterior Teeth Subjected to Retraction Forces in Sliding Mechanics. Angle Orthod 77(6) 999_1003, 2007 (0.777)
  7. Kitaura H, Tatamiya M, Nagata N, Fujimura Y, Eguchi T, Yoshida N, Nakayama K: IL-18 induces apoptosis of adherent bone marrow cells in TNF-__mediated osteoclast formation in synergy with IL-12. Immunol Lett 107(1): 22-31, 2006 (2.301)
  8. Fujimura Y, Hotokezaka H, Ohara N, Naito M, Sakai E, Yoshimura M, Narita Y, Kitaura H, Yoshida N, Nakayama K: The hemoglobin receptor protein of Porphyromonas gingivalis inhibits receptor activator NF-κB ligand-induced osteoclastogenesis from bone marrow macrophages. Infect Immun 74(5): 2544-2551, 2006 (3.933)
  9. Kitaura H, Zhou P, Kim HJ, Novack DV, Ross FP, et al.: M-CSF mediates TNF-induced inflammatory osteolysis. J Clin Invest, 115(12), 3418-3427, 2005 (14.204)
  10. Okayasu I, Yamada Y, Maeda T, Yoshida N, Koga Y, Oi K:The involvement of brain-derived neurotrophic factor (BDNF) in the pattern generator of mastication, Brain Res, 1016(1), 40-47, 2004(2.474)

研究業績(1995年〜) PDF
  2012年 2011年 2010年 2009年
2008年 2007年 2006年 2005年 2004年
2003年 2002年 2001年 2000年 1999年
1998年 1997年 1996年 1995年  
各業績集はPDFデータで作成されています。
閲覧には、Adobe Readerが必要です。
 
 
国立大学法人 長崎大学