Home
学部長メッセージ
学部概要
マスタープラン
教育研究活動
国際交流・留学
訪問者別INDEX
入学希望の皆さまへ
在学生の皆さまへ
卒業生の皆さまへ
地域の皆さまへ
研究関係の皆さまへ
研修医希望の方へ
歯科医師の求人を希望される方へ
 
教育研究活動
 
ホーム教育研究活動研究分野(旧講座)>口腔保健学(旧予防歯科学)

口腔保健学(旧予防歯科学) 概要

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科医療科学専攻 社会医療科学講座
口腔保健学分野
Tel: 095-819-7663(受付)
Fax: 095-819-7665
ホームページ分野独自のホームページ
Department of Oral Health,
Unit of Social Medicine,
Graduate School of Biomedical Sciences,
Nagasaki University

指導教員
職名 氏名 E-mail 学位
教 授  齋藤 俊行
 syto@@nagasaki-u.ac.jp
歯学博士
准教授  福田 英輝
 fhideki@@nagasaki-u.ac.jp
歯学博士
講 師  林田 秀明
 hide@@nagasaki-u.ac.jp
歯学博士
助 教  北村 雅保
mkitamur@@nagasaki-u.ac.jp
歯学博士
助 教  川下 由美子
 yumiko-t@@nagasaki-u.ac.jp
歯学博士
助 教  古堅 麗子
 reiko@@nagasaki-u.ac.jp
歯学博士
助 教  小山 善哉
 zkoyama@@nagasaki-u.ac.jp
歯学博士
助 教  介田 圭
 k-kaida@@nagasaki-u.ac.jp
歯学博士
スパムメール防止のため@@になっています。 @を一つ削除してください

教育活動
 (学部教育)
 予防歯科学及び同実習
4年次・前期
 衛生学/社会歯科学及び同実習 4年次・前期
 医学統計学 3年次・後期
 歯科医療管理学 6年次・前期
 離島歯科医学 5年次・前期
 (大学院教育)
 口腔保健学演習、実習、論文研究 大学院
 (教養教育)
 口の健康・体の健康
1、2年次・前期
 教養セミナー 1、2年次・前期
 全学モジュール2 美と健康 2年次・後期
 (留学生教育)

 

主な研究テーマ
  • 口腔疾患と全身の健康状態との関連性についての五島調査研究
  • 肥満や糖尿病、動脈硬化と歯周病との関連性
  • 口腔細菌が組織の生理活性物質に及ぼす影響
  • そしゃく回数と肥満との関連性
  • 国家統計調査による口腔と全身との関連性の分析
  • 地域における歯科保健事業の評価,および公衆衛生システムに関する研究
  • フッ化物や特定保健用食品の再石灰化に関する研究

主な原著論文
  1. Hayashida H, Saito T, Kawasaki K, Kitamura M, Furugen R, Iwasaki T, Hayashida Y, Nakazato M, Sekita T, Takamura N, Maeda T: Association of riodontitis with carotid artery intima-media thickness and arterial stiffness in community-dwelling people in Japan: The Nagasaki Islands study, Atherosclerosis 2013 Apr 17, doi:10.1016/j.atherosclerosis.2013.04.002, 2013 (3.706)
  2. Furugen R, Hayashida H, Saito T: Porphyromonas gingivalis and Escherichia coli lipopolysaccharide causes resistin release from neutrophils, Oral Diseases 19: 479-483, 2013 (2.377)
  3. Kawashita Y, Kitamura M, Saito T: Monitoring time trends of dental caries experience in permanent teeth in Japanese national surveys, International Dental Journal 62:100-105, 2012 (1.040)
  4. Furugen R, Hayashida H, Yoshii Y, Saito T:Neutrophil-derived resistin releases induced by Aggregatibacter actinomycetemcomitans, FEMS Micobiol Lett 321:175-182, 2011 (2.049)
  5. Kawashita Y, Fukuda H, Kawasaki K, Kitamura M, Hayashida H, Furugen R, Fukumoto E, Iijima Y, and Saito T: Pediatrician-recommended use of sports drinks and dental caries in 3-year-old children, Community Dental Health, 28(1):29-33, 2011 (0.512)
  6. Suyama E, Tamura T, Ozawa T, Suzuki A, Iijima Y, Saito T: Remineralization and acid resistance of enamel lesions after chewing gum containing fluoride extracted from green tea. Australian Dental Journal 56: 394-400, 2011 (1.496)
  7. Fukuda H, Saito T, Tsunomachi M, Doutsu T: Wheelchair-accessible dental offices in Nagasaki, Japan, Community Dent Health 27(3): 187-90, 2010 (IF=0.969)
  8. Hayashida H, Kawasaki K, Yoshimura A, Kitamura M, Furugen R, Nakazato M, Takamura, N, Hara Y, Maeda T, Saito T: Relationship between periodontal status and HbA1c in non-diabetics, J Publ Health Dent:69(3): 204-206, 2009 (0.775)
  9. Kawashita Y, Fukuda H, Kawasaki K, Kitamura M, Hayashida H, Furugen R, Fukumoto E, Iijima Y, Saito T: Dental caries in 3-year-old children is associated more with child-rearing behaviors than mother-related health behaviors, J Publ Health Dent, 69 (2): 104-110, 2009 (0.775)
  10. Furugen R, Hayashida H, Yoshihara A, Ogawa H, Miyazaki H, Saito T: The relationship between periodontal condition and serum levels of resistin and adiponectin in Japanese elderly people, J Periodont Res 43:556-562 2008 (2.146)
  11. Saito T, Yamaguchi N, Shimazaki Y, Hayashida H, Yonemoto K, Doi Y, Kiyohara Y, Iida M, and Yamashita Y: Resistin and Adiponectin in Women with Periodontitis: Hisayama Study, J Dent Res 87:319-322, 2008 (3.745)
  12. Saito T, Oobayashi K, Shimazaki Y, Yamashita Y, Iwasa Y, Nabeshima F, Ikematsu H: Association of dry tongue to pyrexia in long-term hospitalized patients, Gerontology ;54(2):87-91, 2008 (1.358)
  13. Fukumoto E, Kawasaki K, Hayashida H, Furugen R, Kitamura M, Fukuda H, Kawashita Y, Iijima Y, Saito T: Factors Associated with the Onset and Cessation of the Finger Sucking Habit in lnfants and Toddler, J Dent Hlth 57: 176-183, 2007 (in Japanese)
  14. Shimazaki Y, Saito T, Yonemoto K, Kiyohara Y, Iida M, Yamashita Y: Relationship of metabolic syndrome to periodontal disease in Japanese women: the hisayama study, J Dent Res, 86(3):271-275, 2007 (3.745)
  15. Saito T, Shimazaki Y, Koga T, Tsuzuki M, and Ohshima A: Relationship between periodontitis and hepatic condition in Japanese women, J Int Acad Periodontol 8, 89-95, 2006

研究業績(1995年〜) PDF
  2012年 2011年 2010年 2009年
2008年 2007年 2006年 2005年 2004年
2003年 2002年 2001年 2000年 1999年
1998年 1997年 1996年 1995年  
各業績集はPDFデータで作成されています。
閲覧には、Adobe Readerが必要です。
 
 
国立大学法人 長崎大学