Home
学部長メッセージ
学部概要
マスタープラン
教育研究活動
国際交流・留学
訪問者別INDEX
入学希望の皆さまへ
在学生の皆さまへ
卒業生の皆さまへ
地域の皆さまへ
研究関係の皆さまへ
研修医希望の方へ
歯科医師の求人を希望される方へ
 
教育研究活動
 
ホーム教育研究活動研究分野(旧講座)>口腔腫瘍治療学(旧口腔外科学第一)

口腔腫瘍治療学(旧口腔外科学第一) 概要

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科医療科学専攻
口腔腫瘍治療学分野
Tel: 095-819-7698(受付)
Fax: 095-819-7700
ホームページ分野独自のホームページ
Department of Oral and Maxillofacial Surgery,
Medical and Dental Sciences, Graduate School of Biomedical Sciences, Nagasaki University

指導教員
職名 氏名 E-mail 学位
教 授  梅田 正博
医学博士
准教授  川崎 五郎
歯学博士
講 師  五月女 さき子
歯学博士
助 教  鳴瀬 智史
歯学博士
助 教  川北 晃子
歯学博士
助 教  石田 優
医学博士
 口腔外科(口腔顎顔面外科室)
講 師  柚鳥 宏和
医学博士
助 教  奥山 紘平
歯学博士
助 教  林田 咲
歯学博士
 有病者歯科
講 師  柳本 惣市
歯学博士

教育活動
 (学部教育)
 歯学展望
1年次
 学内・学外早期体験実習 1年次
 先端歯科臨床講話 3年次
 口腔外科学 I 4年次後期
 口腔外科学 I 実習 4年次後期
 臨床解剖学(統合科目) 5年次前期
 口腔腫瘍学(統合科目) 5年次前期
 臨床実習開始前実習 5年次前期
 口腔外科学臨床実習
5年次後期,6年次
 臨床示説 5年次後期,6年次
 (大学院教育)
 口腔顎顔面外科学演習
医歯薬学総合研究科
 口腔顎顔面外科学論文研究 医歯薬学総合研究科
 集学的がん治療学特論 医歯薬学総合研究科
 (全学教育)
 生命の科学 全学1,2年次後期
 口の健康・体の健康
全学1,2年次後期
 教養セミナー 全学1年次前期
 健康・スポーツ科学 経済学部夜間主コース後期
 (留学生教育)
   

主な研究テーマ
  • 口腔領域悪性腫瘍症例(扁平上皮癌,唾液腺癌,悪性リンパ腫など)の臨床病理学的(免疫組織化学的)検討
  • 口腔癌発癌過程における癌関連遺伝子に関する研究
  • 口腔癌患者の免疫栄養による栄養管理に関する研究
  • 口腔癌に対する分子標的治療についての基礎的研究
  • 睡眠時無呼吸症候群の口腔内装置による治療に関する研究

主な原著論文
  1. Yamada S, Matsuo T, Baba N, Rokutanda S, Kawasaki G, Mizuno A, Fujita S.High-grade Papillary Cystadenocarcinoma of the sublingual gland: A case report .Journal of Oral and Maxillofacial Surgery 65(6):1223-1227,2007. (1.252)
  2. Yamada S, Kawasaki G, Baba N, Yanamoto S, Shiraishi N, Yoshitomi I, Mizuno A.Articular Eminectomy for Chronic Bilateral Dislocation of the Temporomandibular Joint in Patients with Cerebral Infarction. Asian Journal of Oral and Maxillofacial Surgery 19(1): 48-53.2007.
  3. Yanamoto S, Kawasaki G, Yoshitomi I, Iwamoto T, Hirata K, Mizuno A: Clinicopathologic significance of EpCAM expression in squamous cell carcinoma of the tongue and its possibility as a potential target for tongue cancer gene therapy. Oral Oncol 43 (9): 869-877, 2007. (2.103)
  4. Yoshitomi I, Kawasaki G, Yanamoto S, Mizuno A : Orotate phosphoribosyl transferase mRNA xpression in oral squamous cell carcinoma and its relationship with the dihydropyrimidine dehydrogenase expression and the clinical effect of 5-fluorouracil. Oral Oncology 42: 880-887, 2006 (2.266)
  5. Kawasaki G, Yanamoto S, Hirata K, Mizuno A, Fujita S, Ikeda T : Spindle cell lipoma of the cheek: A case report and review of literature. Oral Oncology EXTRA 42:301-304, 2006 (2.266)
  6. Yoshida H, Okamoto K, Iwamoto T, Sakai E, Kanaoka K, Hu JP, Hotokezaka H, Nishishita K, Mizuno A, KatoY:Pepstatin A, an Aspartic Proteinase Inhibitor, Suppresses RANKL-Induced Osteoclast Differentiation. J Biochem 139:583-590, 2006 (1.827)
  7. Yanamoto S, Iwamoto T, Kawasaki G, Yoshitomi I, Baba N, Mizuno A: Silencing of the p53R2 gene by RNA interference inhibits growth and enhances 5-fluorouracil sensitivity of oral cancer cells, Cancer Letters, 223, 67-76, 2005 (2.938)
  8. Yamada S. Ono T. Mizuo A. and Nemoto T. K. Hydrophobic segment within the C-terminal domain is essential for both client-binding and dimer formation of HSP90 molecular chaperone European Journal of Biochemistry 270,1-9, 2003 (2.999)
  9. Yanamoto, S., Kawasaki, G., Yoshitomi, I., Mizuno, A.: Expession of p53R2, newly p53 target in oral normal epithelium, epithelial dysplasia and squamous cell carcinoma. Cancer Lett., 190, 233-243, 2003.(2.346)
  10. Hirata, K., Tsukazaki, T., Kadowaki, A., Furukawa, K., Shibata, Y., Moriishi, T., Okubo, Y., Bessho, K.,Komori, T., Mizuno, A. and Yamaguchi, A. : Transplantation of skin fibroblasts expressing BMP-2 promotes bone repair more effectively than those expressing Runx2. BONE., 32:502-512,2003.(3.755)

研究業績(1995年〜) PDF
  2012年 2011年 2010年 2009年
2008年 2007年 2006年 2005年 2004年
2003年 2002年 2001年 2000年 1999年
1998年 1997年 1996年 1995年  
各業績集はPDFデータで作成されています。
閲覧には、Adobe Acrobat Readerが必要です。
 
 
国立大学法人 長崎大学