Home
学部長メッセージ
学部概要
マスタープラン
教育研究活動
国際交流・留学
訪問者別INDEX
入学希望の皆さまへ
在学生の皆さまへ
卒業生の皆さまへ
地域の皆さまへ
研究関係の皆さまへ
研修医希望の方へ
歯科医師の求人を希望される方へ
 
教育研究活動
 
ホーム教育研究活動研究分野(旧講座)>口腔病理学(旧口腔病理学)

口腔病理学(旧口腔病理学) 概要

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科医療科学専攻 生命医科学講座
口腔病理学分野
Tel: 095-819-7646(受付)
Fax: 095-819-7647
ホームページ分野独自のホームページ
Department of Oral Pathology and Bone Metabolism,
Unit of Basic Medical Sciences,
Graduate School of Biomedical Sciences,
Nagasaki University

指導教員
職名 氏名 E-mail 学位
准教授  藤田 修一
 fujishu@@nagasaki-u.ac.jp
歯学博士
助教  片瀬 直樹
 katase@@nagasaki-u.ac.jp
歯学博士
スパムメール防止のため@@になっています。 @を一つ削除してください

教育活動
 (学部教育)
 病理学総論及び同実習
3年次・前期
 口腔病理学及び同実習 3年次・後期
 基礎歯学研究 3、4年次・通年
 歯学研究 5年次・通年
 細胞生物学プラクシス 1年次・前期
 細胞生物学入門 I・II 1年次・後期
 歯学展望 1年次・後期
 硬組織科学 5年次・前期
 基礎歯学輪講 6年次・前期
 (大学院教育)
 口腔病理学演習
1,2年次・通年
 口腔病理学実習 1,2年次・通年
 口腔病理学論文研究 1,2年次・通年
 硬組織科学 1,2年次・後期
 (教養教育)
 全学モジュールT
 健康と医療の安全・安心
1年次・後期
 (留学生教育)
   

主な研究テーマ
  • 口腔疾患の臨床病理学的研究
  • 頭頸部癌におけるDKK3遺伝子機能解析

主な原著論文
  1. Fujita S., Ikeda T. The CCL2-CCR2 Axis in Lymph Node Metastasis From Oral Squamous Cell Carcinoma: An Immunohistochemical Study. J Oral Maxillofac Surg. 2016 Oct 8. pii: S0278-2391(16)30914-4.
  2. Sukegawa S., Kanno T., Katase N., Shibata A, Takahashi Y., Furuki Y. Clinical evaluation of an unsintered hydroxyapatite/Poly-L-Lactide osteoconductive composite device for the internal Fixation of maxillofacial fractures. J Craniofac Surg. 2016; 27(6): 1391-1397.
  3. Matsushita Y., Hayashida S., Morishita K., Sakamoto H., Naruse T., Sakamoto Y., Yamada SI., Yanamoto S., Fujita S., Ikeda T., Umeda M. Denosumab-associated osteonecrosis of the jaw affects osteoclast formation and differentiation: Pathological features of two cases. Mol Clin Oncol.2016; 4(2): 191-194.
  4. Matsushita Y., Fujita S., Yanamoto S., Yamada S., Rokutanda S., Yamashita K., Ikeda T., Umeda M. Spindle cell variant of ameloblastic carcinoma: a case report and literature review. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol. 2016; 121(3): e54-61.
  5. Naruse T., Yanamoto S., Yamada SI., Takahashi H., Matsushita Y., Imayama N., Ikeda H., Shiraishi T., Fujita S., Ikeda T., Asahina I.,
    Umeda M. Immunohistochemical study of vascular endothelial growth factor-C/vascular endothelial growth factor receptor-3 expression in oral tongue squamous cell carcinoma: Correlation with the induction of lymphangiogenesis. Oncol Lett. 2015; 10(4): 2027-2034.
  6. Nakano A., Mishima K., Katase N., Ueyama Y. A case of squamous cell carcinoma arising from branchial cleft cyst. J Oral Maxillofac Surg. 2015; 73(4): 781-785.
  7. Seki, S., Fujiwara, M., Matsuura, M., Fujita, S., Ikeda, H., Umeda, M., Asahina, I., Ikeda, T. Prognostic value of podoplanin expression in oral squamous cell carcinoma―a regression model auxiliary to UICC classification. Pathol. Oncol. Res. 2014; 20(3): 521-528.
  8. Katase N., Lefeuvre M., Tsujigiwa H., Fujii M., Ito S., Tamamura R., Buery RR., Gunduz M., Nagatsuka H. Knockdown of Dkk-3 decreases cancer cell migration and invasion independently of the Wnt pathways in oral squamous cell carcinoma?derived cells. Oncol Rep. 2013; 29(4) 1349-1355.
  9. Fujita S., Ikeda T. Cancer stem-like cells in adenoid cystic carcinoma of salivary glands: relationship with morphogenesis of histological variants. J Oral Pathol Med. 2012; 41(3): 207-213.
  10. Katase N., Lefeuvre M., Gunduz M., Gunduz E., Beder LB., Grenman R., Fujii M., Tamamura R., Tsujigiwa H., Nagatsuka H. Absence of Dickkopf (Dkk)-3 protein expression is correlated with longer disease-free survival and lower incidence of metastasis in head and neck squamous cell carcinoma. Oncol Lett. 2012; 3(2): 273-280.
  11. Seki S., Fujiwara M., Matsuura M., Fujita S., Ikeda H., Asahina I., Ikeda T. Prediction of outcome of patients with oral squamous cell carcinoma using vascular invasion and the strongly positive expression of vascular endothelial growth factors. Oral Oncol. 2011; 47(7): 588-593.
  12. Fujita S., Anami M., Satoh N., Yamashita H., Asahina I., Ikeda T., Hayashi T. Cytopathologic features of secondary peripheral ameloblastic carcinoma: a case report. Diagn Cytopathol. 2011; 39(5): 354-358

研究業績(1995年〜) PDF
      2015年 2014年
2013年 2012年 2011年 2010年 2009年
2008年 2007年 2006年 2005年 2004年
2003年 2002年 2001年 2000年 1999年
1998年 1997年 1996年 1995年  
各業績集はPDFデータで作成されています。
閲覧には、Adobe Readerが必要です。
 
 
国立大学法人 長崎大学