Home
学部長メッセージ
学部概要
マスタープラン
教育研究活動
国際交流・留学
訪問者別INDEX
入学希望の皆さまへ
在学生の皆さまへ
卒業生の皆さまへ
地域の皆さまへ
研究関係の皆さまへ
研修医希望の方へ
歯科医師の求人を希望される方へ
 
教育研究活動
 
ホーム教育研究活動研究分野(旧講座)>小児歯科学(旧小児歯科学)

小児歯科学(旧小児歯科学) 概要

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科医療科学専攻
小児歯科学分野
Tel: 095-819-7674(受付)
Fax: 095-819-7676
ホームページ分野独自のホームページ
Department of Pediatric Dentistry,
Medical and Dental Sciences,
Graduate School of Biomedical Sciences,
Nagasaki University

指導教員
職名 氏名 E-mail 学位
教 授  藤原  卓
歯学博士
助 教  西口 美由季
歯学博士
助 教  日高  聖
歯学博士
助 教  近藤 好夫  歯学博士
助 教  西俣 はるか
歯学博士
 総合歯科(小児歯科室)
講 師  釜崎 陽子
歯学博士
 周術期口腔管理センター
講 師  五月女 さき子
歯学博士
助 教  中尾 紀子
歯学博士
助 教  吉松 昌子
歯学博士
助 教  川下 由美子
歯学博士
助 教  河井 洋祐
歯学士

教育活動
 (学部教育)
 小児歯科学 4年次・後期
 小児歯科学実習 4年次・後期
 (大学院教育)
 発育審美歯科学特論 1,2年次
 (全学教育)

 
 (留学生教育)

 

主な研究テーマ
  • 齲蝕および歯周病の病原因子の分子生物学的解明
  • 歯、顎顔面頭蓋の成長発育に関する分子生物学的解明
  • 乳歯と幼若永久歯に対するレジンの接着性
  • 乳歯と幼若永久歯の微少構造と物性
  • 歯と審美的歯冠修復材の色彩学的研究

主な原著論文
  1. Hosoya Y, Tay FR, Miyakoshi S, Pashley DH: Hardness and elasticity of caries-affected and sound primary tooth dentin bonded with 4-META one-step self-etch adhesives. American Journal of Dentistry, 21(August): 223-228, 2008.
  2. Saito, K. , Konishi, I., Nishiguchi, M., Hoshino, T. , Fujiwara, T. Amelogenin binds to both heparan sulfate and bone morphogenetic protein 2 and pharmacologically suppresses the effect of noggin. Bone, 43(2): 371 ミ 376, 2008.
  3. Hosoya Y, Tay FR: Hardness, elasticity, and ultrastructure of bonded sound and caries-affected primary tooth dentin. J Biomed Mater Res B: Appl Biomater, 81B; Issue 1: 135-141, 2007 1.778
  4. Nishiguchi M, Yuasa K, Saito K, Fukumoto E, Yamada A , Hasegawa T, Yoshizaki K, Kamasaki Y, Nonaka K, Fujiwara T, Fukumoto S Amelogenin is a negative regulator of osteoclastgenesis via downregulation of RANKL,M-CSF and fibronectin expression in osteoblasts. Arch Oral biol 52: 237-243,2007 1.655
  5. Sasaki Y, OユKane S, Dixon J, Dixon MJ, Ferguson MWJ Temporal and spatial expression of Pax9 and Sonic hedgehog during development of normal mouse palates and cleft palates in TGF-beta3 null embryos. Arch Oral Biol 52:260-267, 2007 1.655
  6. Sasaki Y, Kaida C, Saitoh I, Fujiwara T, Nonaka K Craniofacial growth and functional change in oligodontia with ectodermal dysplasia: a case report. J Oral Rehabilitation 34:228-235, 2007 1.044
  7. Hosoya Y, Oota T, Nagasaka M, White JM_Study of the colors and retention of over-the-counter cosmetic veneers Dent Mater J 25: 166-171, 2006.(2.511)
  8. Onishi T, Ogawa T, Hayashibara T, Hoshino T, Okawa R, Ooshima T:Hyper-expression of osteocalcin mRNA in odontoblasts of Hyp mice. J Dent Res 84:84-8,2005(3.131)
  9. Hoshino T, Fujiwara T, Kilian M:Use of phylogenetic and phenotypic analysis to identify of nonhemolytic streptococci isolated from bacteremic patients. J Clin Microbiol 43(12):6073-6085 2005(3.439)
  10. Hosoya Y, Shinkawa H, Marshall G.W.:Influence of Carisolv on resin adhesion for two different adhesive systems to sound human primary dentin and young permanent dentin, J Dent 33(4):283-291,2005 1.512

研究業績(1995年〜) PDF
  2012年 2011年 2010年 2009年
2008年 2007年 2006年 2005年 2004年
2003年 2002年 2001年 2000年 1999年
1998年 1997年 1996年 1995年  
各業績集はPDFデータで作成されています。
閲覧には、Adobe Acrobat Readerが必要です。
 
 
国立大学法人 長崎大学