Home
学部長メッセージ
学部概要
マスタープラン
教育研究活動
国際交流・留学
訪問者別INDEX
入学希望の皆さまへ
在学生の皆さまへ
卒業生の皆さまへ
地域の皆さまへ
研究関係の皆さまへ
研修医希望の方へ
歯科医師の求人を希望される方へ
 
教育研究活動
 
ホーム教育研究活動研究分野(旧講座)>歯周歯内治療学

歯周歯内治療学 概要

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科
医療科学専攻
歯周歯内治療学分野
Tel: 095-819-7683(受付)
Fax: 095-819-7684
ホームページ分野独自のホームページ
Department of Periodontology and Endodontology,
Medical and Dental Sciences,
Graduate School of Biomedical Sciences,
Nagasaki University

指導教員
職名 氏名 E-mail 学位
教 授  吉村 篤利
歯学博士
准教授  山田 志津香
歯学博士
助 教  尾崎 幸生
歯学博士
助 教  白石 千秋
歯学博士
助 教  松裏 貴史
歯学博士
助 教  杉本 浩司
歯学博士
助 教  山下 恭
歯学博士
 虫歯治療室
講 師  柳口 嘉治郎
歯学博士

教育活動
 (学部教育)
 歯周病学  4年次・前期
 歯周治療学実習 4年次・前期
 歯内療法学 4年次・後期
 歯内療法学実習 4年次・後期

 齲蝕・歯周病学 

5年次・前期
 (大学院教育)
 歯周歯内治療学演習 大学院
 歯周歯内治療学課題研究T・U 大学院
 歯周歯内治療学特別実習T・U 大学院
 歯周歯内治療学論文研究T・U 大学院
 (全学教育)
 健康科学
1年次・第1、3Q
 全学モジュール「口と疾患」  2年次・第1Q
 (留学生教育)

主な研究テーマ
  • 歯周疾患の発症への細菌の関与
  • 歯周組織破壊におよぼす免疫系の影響
  • 歯内器材の物性試験と臨床成績
  • 歯髄炎・根尖性歯周炎の治癒機構
  • 歯周組織・歯髄再生療法と再生医療用生体材料の開発

主な原著論文
  1. Ziauddin SM, Yoshimura A, Montenegro Raudales JL, Ozaki Y, Higuchi K, Ukai T, Kaneko T, Miyazaki T, Latz E, Hara Y: Crystalline structure of pulverized dental calculus induces cell death in oral epithelial cells. J Periodontal Res, https://doi.org/10.1111/jre.12520, in Early View (IF:2.662)
  2. Takamori Y, Atsuta I, Nakamura H, Sawase T, Koyano K, Hara Y: Histopathological comparison of the onset of peri-implantitis and periodontitis in rats. Clin Oral Implants Res, 28(2): 163-170, 2017 (IF:3.624)
  3. Noguchi S, Ukai T, Kuramoto A, Yoshinaga Y, Nakamura H, Takamori Y, Yamashita Y, Hara Y: The histopathological comparison on the destruction of the periodontal tissue between normal junctional epithelium and long junctional epithelium. J Periodontal Res, 52(1): 74-82, 2017 (IF:2.662)
  4. Nomura Y, Morozumi T, Nakagawa T, Sugaya T, Kawanami M, Suzuki F, Takahashi K, Abe Y, Sato S, Makino-Oi A, Saito A, Takano S, Minabe M, Nakayama Y, Ogata Y, Kobayashi H, Izumi Y, Sugano N, Ito K, Sekino S, Numabe Y, Fukaya C, Yoshinari N, Fukuda M, Noguchi T, Kono T, Umeda M, Fujise O, Nishimura F, Yoshimura A, Hara Y, Nakamura T, Noguchi K, Kakuta E, Hanada N, Takashiba S, Amitani Y, Yoshie H: Site-level progression of periodontal disease during a follow-up. PLoS One, 12(12): e0188670, 2017 (IF:2.806)
  5. Kitamura M, Akamatsu M, Kawanami M, Furuichi Y, Fujii T, Mori M, Kunimatsu K, Shimauchi H, Ogata Y, Yamamoto M, Nakagawa T, Sato S, Ito K, Ogasawara T, Izumi Y, Gomi K, Yamazaki K, Yoshie H, Fukuda M, Noguchi T, Takashiba S, Kurihara H, Nagata T, Hamachi T, Maeda K, Yokota M, Sakagami R, Hara Y, Noguchi K, Furuuchi T, Sasano T, Imai E, Ohmae M, Koizumi H, Watanuki M, Murakami S: Randomized Placebo-Controlled and Controlled Non-Inferiority Phase III Trials Comparing Trafermin, a Recombinant Human Fibroblast Growth Factor 2, and Enamel Matrix Derivative in Periodontal Regeneration in Intrabony Defects. J Bone Miner Res, 31(4): 806-814, 2016 (IF:6.284)
  6. Ziauddin SM, Montenegro Raudales JL, Sato K, Yoshioka H, Ozaki Y, Kaneko T, Yoshimura A, Hara:Analysis of the ability of subgingival plaque to stimulate Toll-like receptor (TLR)2 and TLR4. J Periodontol. 87(9):1083-91, 2016 (IF:3.03)
  7. Montenegro Raudales JL, Yoshimura A, SM Z, Kaneko T, Ozaki Y, Ukai T, Miyazaki T, Latz E, Hara Y: Dental calculus stimulates interleukin-1β secretion by activating NLRP3 inflammasome in human and mouse phagocytes. PLoS One, 11(9): e0162865, 2016 (IF:2.806)
  8. Capati ML, Nakazono A, Igawa K, Ookubo K, Yamamoto Y, Yanagiguchi K, Kubo S, Yamada S, Hayashi Y: Boron Accelerates cultured osteoblastic cell activity through calcium flux. Biol Trace Elem Res, 174(2): 300-308, 2016 (IF:2.399)
  9. Morozumi T, Nakagawa T, Nomura Y, Sugaya T, Kawanami M, Suzuki F, Takahashi K, Abe Y, Sato S, Makino-Oi A, Saito A, Takano S, Minabe M, Nakayama Y, Ogata Y, Kobayashi H, Izumi Y, Sugano N, Ito K, Sekino S, Numabe Y, Fukaya C, Yoshinari N, Fukuda M, Noguchi T, Kono T, Umeda M, Fujise O, Nishimura F, Yoshimura A, Hara Y, Nakamura T, Noguchi K, Kakuta E, Hanada N, Takashiba S, Yoshie H: Salivary pathogen and serum antibody to assess the progression of chronic periodontitis: a 24-mo prospective multicenter cohort study. J Periodontal Res, 51(6): 768-778, 2016 (IF:2.662)
  10. Tsujimoto M, Irifune Y, Tsujimoto Y, Yamada S, Watanabe I, Hayashi Y: Comparison of conventional and new-generation nickel-titanium files in regard to their physical properties. J Endod, 40(11): 1824-9, 2014 (IF:2.807)


研究業績(齲蝕学)(1995年〜) PDF
2014年 2013年 2012年 2011年 2010年
2009年 2008年 2007年 2006年 2005年
2004年 2003年 2002年 2001年 2000年
1999年 1998年 1997年 1996年 1995年
研究業績(歯周病学)(1995年〜) PDF
      2015年 2014年
2013年 2012年 2011年 2010年 2009年
2008年 2007年 2006年 2005年 2004年
2003年 2002年 2001年 2000年 1999年
1998年 1997年 1996年 1995年  
各業績集はPDFデータで作成されています。
閲覧には、Adobe Acrobat Readerが必要です。
 
 
国立大学法人 長崎大学