長崎大学歯学部-School of Dentistry, Nagasaki University-

教育研究活動

【臨床系】歯周歯内治療学

 昨今、高齢化率の増加に伴い、歯科の二大疾患である歯周病と齲蝕 (とその続発疾患)の病態の解明、治療および予防法の確立は、歯の延命につながり、「食べる」、「飲み込む」、「話す」といった基本的な口腔機能を改善する上でたいへん重要な課題となっています。
 当分野では、歯周病および歯髄・根尖歯周組織疾患の効率的な治療・予防法の実用化を目指し、研究面において主に以下のような項目を展開しています。

  • プラークの形成機序、歯周組織に対する為害性と歯周疾患の誘発機構
  • プラーク抑制法
  • 歯周病変の治療法の確立
  • 歯髄再生療法の推進
  • 魚コラーゲンの生理活性機構
  • MTAの物性および生物学的特性
歯周歯内治療学
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科医療科学専攻
歯周歯内治療学分野
主任教授:吉村 篤利
TEL: 095-819-7683(受付)
FAX: 095-819-7684
Department of Periodontology and Endodontology,
Medical and Dental Sciences, Graduate School of Biomedical Sciences, Nagasaki University
ページのトップへ戻る