Home
学部長メッセージ
学部概要
マスタープラン
教育研究活動
国際交流・留学
訪問者別INDEX
入学希望の皆さまへ
在学生の皆さまへ
卒業生の皆さまへ
地域の皆さまへ
研究関係の皆さまへ
研修医希望の方へ
歯科医師の求人を希望される方へ
 
教育研究活動
 
ホーム教育研究活動研究分野(旧講座)>歯科補綴学(旧歯科補綴学第二)

歯科補綴学(旧歯科補綴学第二) 概要

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科医療科学専攻 展開医療科学講座
歯科補綴学分野
Tel: 095-819-7692(受付)
Fax: 095-819-7694
ホームページ分野独自のホームページ
Department of Prostheic Dentistry,
Unit of Translationall Medicine,
Graduate School of Biomedical Sciences,
Nagasaki University

指導教員
職名 氏名 E-mail 学位
教 授  村田 比呂司
 hmurata@@nagasaki-u.ac.jp
歯学博士
助 教  田中 美保子
mihobonn@@nagasaki-u.ac.jp
歯学博士
助 教  吉田 和弘
 kyoshida@@nagasaki-u.ac.jp
歯学博士
助 教

 高瀬 一馬
 ktakase@@nagasaki-u.ac.jp

歯学博士
助 教

 江越 貴文
 egoshi@@nagasaki-u.ac.jp

歯学博士
助 教

 多田 浩晃
 tada@@nagasaki-u.ac.jp

歯学博士
総合歯科(義歯補綴治療室)    
講 師  鳥巣 哲朗
 torisu@@nagasaki-u.ac.jp 
歯学博士
助 教  黒木 唯文
 kurofumi@@nagasaki-u.ac.jp
歯学博士
スパムメール防止のため@@になっています。 @を一つ削除してください

教育活動
 (学部教育)
 学内早期体験実習
1年次・前期
 歯学展望 1年次・通年
 歯科学のための物理科学 2年次・前期
 有床義歯補綴学及び同実習 4年次・通年
 臨床解剖学 4年次・後期
 臨床歯学研究概論 4年次・後期
 臨床歯科器材・薬剤学 5年次・前期
 顎口腔機能・解析学 5年次・前期
 高齢者歯科学 5年次・前期
 口腔インプラント学 5年次・前期
 臨床開始前実習 5年次・前期
 歯学研究 5年次・通年,6年次・通年
 臨床実習 5年次・後期,6年次・通年
 (大学院教育)
 生体材料科学 大学院・通年
 (教養教育)

教養教育全学モジュールU

 美と健康U(口と健康) 1,2,3,4年次・後期(他学部)
 美と健康U(口と疾患) 1,2,3,4年次・後期(他学部)
 教養セミナー(医歯薬学学生担当) 1年次・前期
 (研修医指導)
  研修医・通年

主な研究テーマ
  • リライン材、義歯安定剤の開発および臨床応用
  • 義歯床用材料の物性および生体適合性の向上
  • 顎口腔系の被調節性および顎運動系の機能的診断
  • 歯科用金属アレルギー

主な原著論文
  1. Tada H, Torisu T, Tanaka M, Murata H, De Laat A, Svensson P. Experimental low-level jaw clenching inhibits temporal summation evoked by electrical stimulation in healthy human volunteers. Archives of Oral Biology 60, 681-689, 2015.
  2. Takase K, Watanabe I, Kurogi T, Murata H. Takase K, Watanabe I, Kurogi T, Murata H. Evaluation of glass transition temperature and dynamic mechanical properties of autopolymerized hard direct denture reline resins. Dental Materials Journal 34, 211-218, 2015.
  3. 村田比呂司*、志賀 博、大久保力廣、渋谷友美、近藤尚知、櫻井 薫、田中順子、松香芳三、水口俊介、鱒見進一、大川周治、西 恭宏、越野 寿、佐々木啓一、赤川安正、川良美佐雄、菊谷 武、吉田光由、古谷野 潔. 高齢者の栄養障害に義歯装着がもたらす効果と高齢義歯装着者への摂食・栄養指導のガイドラインに関するプロジェクト研究. 日本歯科医学会誌 34, 54-58, 2015.
  4. 村田比呂司・馬場一美 編. なぜ壊れ,どう直すのか Denture Repair  部分床義歯・全部床義歯・インプラントオーバーデンチャー. 医歯薬出版, 総頁数:174頁, 2015.
  5. Hayashi T,  Watanabe I, Kurogi T, Shiraishi T, Murata H. Effect of laser emission parameters on mechanical and physical properties of cast pure titanium. Journal of Spectroscopy, Article ID 862305, 8 pages, 2014.
  6. Torisu T, Tanaka M, Murata H, Wang K, Arendt-Nielsen L, De Laat A, Svensson P. Modulation of neck muscle activity induced by intra-oral stimulation in humans. Clinical Neurophysiology 125(5), 1006-11, 2014.
  7. Okuyama Y, Shiraishi T, Yoshida K, Kurogi T, Watanabe I, Murata H. Influence of composition and powder/liquid ratio on setting characteristics and mechanical properties of autopolymerized hard direct denture reline resins based on methyl methacrylate and ethylene glycol dimethacrylate. Dental Materials Journal 33 (4), 522-529, 2014.
  8. Tanaka R, Kurogi T, Murata H. Effect of melamine foam cleaning on the surface condition of composite resin artificial teeth. Journal of Prosthodontics, 22, 626-632, 2013.
  9. Yoshida K, Kurogi T, Torisu T, Watanabe I, Murata H. Effects of 2,2,2-trifluoroethyl methacrylate on properties of autopolymerized hard direct  denture reline resins. Dental Materials Journal, 32, 744-752, 2013.
  10. Kano H, Kurogi T, Shimizu T, Nishimura M, Murata H. Viscosity and adhesion strength of cream-type denture adhesives and mouth moisturizers. Dental Materials Journal, 31, 960-968, 2012.
  11. 村田比呂司、水口俊介、鱒見進一、矢谷博文、西村正宏、黒木唯文、飼馬祥頼、有田正博. 義歯安定剤を用いた補綴歯科治療および義歯管理のガイドラインに関するプロジェクト研究. 日本歯科医学会誌 31, 74-78, 2012.

研究業績(1995年〜) PDF
2014年 2013年 2012年 2011年 2010年
2009年 2008年 2007年 2006年 2005年
2004年 2003年 2002年 2001年 2000年
1999年 1998年 1997年 1996年 1995年
各業績集はPDFデータで作成されています。
閲覧には、Adobe Readerが必要です。
 
 
国立大学法人 長崎大学