Home
学部長メッセージ
学部概要
マスタープラン
教育研究活動
国際交流・留学
訪問者別INDEX
入学希望の皆さまへ
在学生の皆さまへ
卒業生の皆さまへ
地域の皆さまへ
研究関係の皆さまへ
研修医希望の方へ
歯科医師の求人を希望される方へ
 
教育研究活動
 
ホーム教育研究活動研究分野(旧講座)>頭頸部放射線学(旧歯科放射線学)

頭頸部放射線学(旧歯科放射線学) 概要

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科医療科学専攻
頭頸部放射線学分野
Tel: 095-819-7709(医局)
Fax: 095-819-7709
ホームページ分野独自のホームページ
Department of Radiology and Cancer Biology,
Medical and Dental Sciences, Graduate School of Biomedical Sciences, Nagasaki University

指導教員
職名 氏名 E-mail 学位
教 授  中村  卓
歯学博士
准教授  角  美佐
歯学博士
講 師  佛坂 由可
歯学博士
助 教  佐々木 美穂
歯学博士
助 教  片山 郁夫
歯学博士
助 教  榮田  智
歯学博士
助 教  高木 幸則
歯学博士

教育活動
 (学部教育)
 歯科放射線学及び同実習 4年次、前期、後期
 (大学院教育)
 顎・顔面画像診断学特論 大学院
 (全学教育)
   
 (留学生教育)
   

主な研究テーマ
  • 頭頸部放射線学
  • 唾液腺および転移リンパ節の画像診断
  • 細胞ストレス
  • DNA障害とその修復機構

主な原著論文
  1. Eida S, Sumi M, Sakihama N, Takahashi H, Nakamura T
    Apparent diffusion coefficient mapping of salivary gland tumors: prediction of benignancy and malignancy
    AJNR Am J Neuroradiol 28,116-121,2007(2.338)
  2. Sumi M, Yamada T, Takagi Y, Nakamura T
    MR imaging of labial glands
    AJNR Am J Neuroradiol 28,1552-1556,2007(2.338)
  3. Sumi M, Kimura Y, Sumi T, Nakamura T
    Diagnostic performance of MR imaging relative to CT for metastatic nodes of head and neck squamous cell carcinomas
    J Magn Reson Imaging 26,1626-1633,2007(2.209)
  4. Sumi T, Sumi M, Van Cauteren M, Kimura Y, Nakamura T
    Parallel imaging technique for the external carotid artery and its branches: comparison of balanced turbo field echo, phase contrast, and time-of-flight sequences.
    J Magn Reson Imaging 25,1028-1034,2007(2.209)
  5. Kimura Y, Sumi M, Sakihama N, Tanaka F, Takahashi H, Nakamura T
    MR imaging criteria for the prediction of extranodal spread of metastatic cancer in the neck.
    AJNR Am J Neuroradiol 29,1355-1359, 2008(2.338)
  6. Eida S, Ohki M, Sumi M, Yamada T, Nakamura T
    MR factor analysis: improved technology for the assessment of 2D dynamic structures of benign and malignant salivary gland tumors
    J Magn Reson Imaging 27,1256-1262,2008(2.209)
  7. Enatsu K, Takasaki K, Kase K, Jinnouchi S, Kumagami H, Nakamura T, Takahashi H
    Surgical anatomy of the sphenoid sinus on the CT using multiplanar reconstruction technique
    Otolaryngol Head Neck Surg 138,182-186,2008(1.339)
  8. Katayama I, Hotokezaka Y, Matsuyama T, Sumi T, Nakamura T
    Ionizing radiation induces macrophage foam cell formation and aggregation through JNK-dependent activation of CD36 scavenger receptors
    Int J Radiat Oncol Biol Phys 70,835-846,2008(4.290)
  9. Hida A, Akahoshi M, Takagi Y, Ashizawa K, Imaizumi M, Soda M, Maeda R, Nakashima E, Ida H, Kawakami A, Nakamura T, Eguchi K.
    Prevalence of Sjören's syndrome among Nagasaki atomic bomb survivors.
    Ann Rheum Dis 67,689-695,2008(6.411)
  10. Nakamura H, Kawakami A, Takagi Y, Nakamura T, Eguchi K
    HTLV-I infection results in resistance toward salivary gland destruction of Sjören's syndrome.
    Clin Exp Rheumatol 26,653-655, 2008(2.270)

研究業績(1995年〜) PDF
  2012年 2011年 2010年 2009年
2008年 2007年 2006年 2005年 2004年
2003年 2002年 2001年 2000年 1999年
1998年 1997年 1996年 1995年  
各業績集はPDFデータで作成されています。
閲覧には、Adobe Acrobat Readerが必要です。
 
 
国立大学法人 長崎大学