Home
学部長メッセージ
学部概要
マスタープラン
教育研究活動
国際交流・留学
訪問者別INDEX
入学希望の皆さまへ
在学生の皆さまへ
卒業生の皆さまへ
地域の皆さまへ
研究関係の皆さまへ
研修医希望の方へ
歯科医師の求人を希望される方へ
 
教育研究活動
 
ホーム教育研究活動研究分野(旧講座)>顎口腔再生外科学(旧口腔外科学第二)

顎口腔再生外科学(旧口腔外科学第二) 概要

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科医療科学専攻
顎口腔再生外科学分野
Tel: 095-819-7704(受付)
Fax: 095-819-7705
ホームページ分野独自のホームページ
Department of Regenerative Oral Surgery,
Medical and Dental Sciences, Graduate School of Biomedical Sciences, Nagasaki University

指導教員
職名 氏名 E-mail 学位
教 授  朝比奈 泉 歯学博士
准教授  大場 誠悟
歯学博士
助 教  三浦 桂一郎
 
歯学博士
助 教  井 隆司
歯学博士
助 教  梅林 真由美
歯学博士
助 教  野田 さわこ 歯学博士
 顎・口腔外科(顎口腔再生外科室)
講 師  見立 英史
歯学博士
助 教  川崎 貴子
歯学博士
助 教  古賀 喬充
医学博士

教育活動
 (学部教育)
 口腔外科学 4年次後期
 口腔外科学実習 4年次後期
 臨床解剖学 5年次前期
 臨床歯科器材・薬剤学 5年次前期
 総合科目・口腔インプラント学 5年次前期
 口腔外科学臨床実習 6年次
 歯科臨床示説 5年次後期・6年次前期
 (大学院教育)
 口腔感染症治療学特論 大学院
 歯科がん特論 大学院
 (全学教育)
   
 (留学生教育)
   

主な研究テーマ
  • 再生歯科医療
  • コンピューター支援外科
  • 悪性腫瘍の外科手術回避療法

主な原著論文
  1. Evaluation of sinus floor augmentation with simultaneous implant placement using platelet-rich fibrin as sole grafting material. Tajima N, Ohba S, Sawase T, Asahina I. Int J Oral Maxillofac Implants. 2013 Jan-Feb;28(1):77-83.
  2. Assessment of skeletal stability of intraoral vertical ramus osteotomy with one-day maxillary-mandibular fixation followed by early jaw exercise. Ohba S, Tasaki H, Tobita T, Minamizato T, Kawasaki T, Motooka N, Watanabe E, Yoshida N,Asahina I. J Craniomaxillofac Surg. 2013 Jan 21. doi:pii: S1010-5182(12)00271-5.
  3. In vivo comparison of the bone regeneration capability of human bone marrow concentrates vs. platelet-rich plasma. Zhong W, Sumita Y, Ohba S, Kawasaki T, Nagai K, Ma G, Asahina I. PLoS One. 2012;7(7):e40833.
  4. Formation of engineered bone with adipose stromal cells from buccal fat pad. Shiraishi T, Sumita Y, Wakamastu Y, Nagai K, Asahina I. J Dent Res. 2012 Jun;91(6):592-7.
  5. Predictive factor for photodynamic therapy effects on oral squamous cell carcinoma and oral epithelial dysplasia. Uehara M, Ikeda H, Nonaka M, Sumita Y, Nanashima A, Nonaka T, Asahina I. Arch Oral Biol. 2011 Nov;56(11):1366-72.
  6. Engineering bone formation from human dental pulp- and periodontal ligament-derived cells. Ikeda H, Sumita Y, Ikeda M, Ikeda H, Okumura T, Sakai E, Nishimura M, Asahina I. Ann Biomed Eng. 2011 Jan;39(1):26-34.
  7. Antitumor effects on primary tumor and metastatic lymph nodes by superselective intra-arterial concurrent chemoradiotherapy for oral cancer. Uehara M, Shiraishi T, Tobita T, Nonaka M, Asahina I. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod. 2010 Aug;110(2):172-7.
  8. Characteristic change and loss of in vivo osteogenic abilities of human bone marrow stromal cells during passage. Agata H, Asahina I, Watanabe N, Ishii Y, Kubo N, Ohshima S, Yamazaki M, Tojo A, Kagami H. Tissue Eng Part A. 2010 Feb;16(2):663-73.

研究業績(1995年〜) PDF
  2012年 2011年 2010年 2009年
2008年 2007年 2006年 2005年 2004年
2003年 2002年 2001年 2000年 1999年
1998年 1997年 1996年 1995年  
各業績集はPDFデータで作成されています。
閲覧には、Adobe Acrobat Readerが必要です。
 
 
国立大学法人 長崎大学