Home
学部長メッセージ
学部概要
マスタープラン
教育研究活動
国際交流・留学
訪問者別INDEX
入学希望の皆さまへ
在学生の皆さまへ
卒業生の皆さまへ
地域の皆さまへ
研究関係の皆さまへ
研修医希望の方へ
歯科医師の求人を希望される方へ
 
マスタープラン
 
ホーム>マスタープラン

長崎大学歯学部の理念と3つのポリシー、および現状と今後の取組について
T 理念と3つのポリシー
U 教育の現状と今後の取組
V 研究推進体制の現状と今後の取組
W 医療体制の現状と今後の取組
X 地域連携の現状と今後の取組
Y 国際交流の現状と今後の取組
Z 教員組織の現状と今後の取組

T 理念と3つのポリシー
1.理念及び教育目標
【理念】
基本的教養と幅広い歯科口腔医学専門知識を修得し,今後の歯科口腔医学,歯科口腔医療を切り拓くとともに社会に信頼される歯科医師および研究者を養成する。
【教育目標】
長崎大学の理念等に基づき,責任感,社会性,倫理観,豊かな人間性,コミュニケーション能力,協調性,リサーチマインドを備え,先進的な歯科口腔医療に対応できる幅広い知識と基本的技能を身につけた人材を育成する。特に,離島等の地域歯科口腔医療について保健・医療・福祉の側面から総合的に考えることができる歯科医師,および高度の専門的知識と経験,課題探求能力を身につけた研究者・教育者の養成を積極的に推進することを目標とする。
さらに,AO入試選抜者および履修希望者を対象とした「歯学研究コース」では,大学院進学を前提に,臨床歯科口腔医学,基礎歯科口腔医学,口腔生命科学を切り拓く将来の担い手を養成することによって,ひいては歯科口腔医学を発展させることを目標とする。
この教育目標を達成すべく,以下に挙げる3つのポリシーに基づいた学士課程教育を行います。
 
2.アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)
【求める学生像】
  • 【一般コース】
    歯学部は入学者に以下の資質・素養を求めます。
    ・ 専門科目の修学に要する基礎学力を有している。
    ・ 専門科目の修学に要する思考力,判断力,表現力を有している。
    ・ 歯科口腔医学,歯科口腔医療に対する強い関心と明確な目的意識ならびに使命感を持っている。
    ・ コミュニケーション能力と協調性を持っている。
    【歯学研究コース】
    一般コースに加え,以下の資質・素養を求めます。
    ・将来我が国の最先端歯科口腔医療,歯科口腔医学または歯科口腔医学教育を担うことを目指し,本学部卒業後,大学院医歯薬学総合研究科(歯学系)に進学するための,歯学研究コースを履修することを確約し,遂行する強い意思を持っている。
3.ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)
【一般コース】
  • 所定のカリキュラムによる教育プログラムに定められた単位を修得し,
    ・ 歯科口腔医学に関する基礎的知識を身につけている。
    ・ 歯科口腔医学に関する臨床的知識を身につけている。
    ・ 歯科口腔医療を行える基本的臨床能力を身につけている。
    ・ 歯科口腔疾患を全身疾患と関連付けて診断できる臨床能力を身につけている。
    ・歯科口腔医療の現場における問題発見・解決能力を身につけ,リサーチマインドを修得している。
    ・ 多様化する歯科口腔医療のニーズに即応し,先端的医療を実践するために,生涯にわたり自己主導型学修を継続できる。
    ・ 患者中心の歯科口腔医療を展開するための豊かな人間性と倫理観を身につけている。
    ・ 患者に信頼感と安心感を与えることができる高いコミュニケーション能力を身につけている。
    ・ 多職種との間で協調性を持ってチーム医療を実践できる。
    ・離島へき地をはじめとする地域・国際社会に貢献する強い意思を持って,歯科口腔医療を実践できる。
    と認められた者に対し,学士(歯学)の学位を授与します。
【歯学研究コース】
一般コースに加え,以下が認められた者に対し,学士(歯学)の学位を授与する。
・未来の医療を切り拓くための先端的研究に興味を持ち,歯科口腔医学の発展に貢献できる能力を身につけている。

4.カリキュラム・ポリシー(教育課程編成方針)

【一般コース】
・ 入門科目で歯科口腔医学の概論を学び,歯学生としての自覚を涵養します。
・ 専門基礎科目で歯科医師として必要な全身の医学および歯科口腔医学の基礎的知識と技能を学びます。
・ 専門科目で歯科医師として必要な歯科口腔医学に関する臨床的知識と基本的技能を学びます。
・ 発展的専門科目では,先進的な歯科口腔医療に対応できる幅広い知識と基本的技能を修得すべく診療参加型臨床実習を行います。さらにこの臨床実習を通じて歯科医師として豊かな人間性と倫理観,責任感,社会性,ならびにコミュニケーション能力を涵養します。
・ アクティブ・ラーニングを取り入れた科目により,問題発見・解決能力そしてリサーチマインドを養います。
・ 離島歯科医療・地域保健・福祉実習により,保健・医療・福祉の側面から総合的に実践する地域歯科医療と多職種連携によるチーム医療を学びます。
・ 英語に関連する科目により,英語よるコミュニケーション能力と国際社会に貢献できる意志を涵養します。
【歯学研究コース】
一般コースに以下を加える。
・ 基礎歯学研究の基礎知識・基本技能を学びます。
・臨床歯学研究の基礎知識・基本技能を学びます。
・研究者倫理を学びます。
授業の成績評価は,定期試験の結果やレポートや課題,ディスカッション,プレゼンテーションの成果,授業やゼミナールへ取り組む意欲・態度などの観点から行います。評価の結果,学修成果が一定の水準に達したと担当教員が認めた場合に単位が認定されます。
科目に関する別表

▲INDEX
U 教育の現状と今後の取組
1.学部教育について
    (1)少人数教育、グループ学習、学生による発表・討論などアクティブ・ラーニングを取り入れた教育をすでに実施しており、今後さらに推進する。具体的には、自己表現能力の向上を重視し、自主的な学習・研究態度を身に付けさせるため、すでに1〜4年次の「細胞生物学プラクシス」、「発生学」、「生化学実習」、「微生物学・口腔微生物学」、「薬理学及び同実習」、「歯科理工学」、「歯内治療学」、「口腔外科学実習U」、「臨床解剖学」など多くの科目に、学生による研究発表と討論を主体とした少人数のグループ学習を導入している。さらに基礎科目・臨床科目横断型の「統合科目」20科目を5年次に実施しており、そのうちの9科目ではPBL方式のグループ学習を取り入れている。
     このように、本学部では多数の科目でアクティブ・ラーニングを実施しているが、今後、他の科目においても「クイック・ライト」など、実施可能なアクティブ・ラーニング手法から導入を図る。
    (2)長崎大学歯学部のユニークな取り組みである早期体験実習、コミュニティー教育・実習、歯科東洋医学および離島における歯科医療・保健・福祉実習(医歯薬合同)を行っており、今後さらに充実した内容にする。
    (3)英語教育については、教養教育科目として英語コミュニケーション(1〜2年次)、総合英語(1〜2年次)およびAdvanced English(3年次)、学部科目としてScientific and Practical English(3年次)と実践臨床歯科英会話(4年次)を行っている。統合科目等で英語による授業を増やすとともに、CALLシステムにより英語学習の自学自習を援助している。卒業時におけるTOEIC目標値を設定しており、今後学生の語学学習の進捗を定期的にチェックすることで目標値を達成する。
    (4)「学修時間の実質的な増加・確保」のための具体的な方策として、これまでは学生への講義外学習の課題は各教科の担当者に任されており、学部としてどのように学生の講義外学習が行われているかについて把握されていなかった。
     この点を改善するため、本年度から、本学部教務委員会の構成員を各学年の科目担当者で構成し、科目担当者が当該学年の全ての科目における講義外学習の課題実施状況(時期、課題量など)の調査を行い、1日の講義外学習が過度の負担とならないよう配慮しつつ、年間を通し平準化した形で学生に課す計画を実施する。
    (5)歯科医師国家試験の合格率の現状について、過去5年間の本学部と全国平均の合格率を表1に示す。過去5年とも全国平均を上回る好成績を収めているが、今後も合格率の向上を目指すために以下の方策を実施する。
  • 低学年次から講義外学習の習慣付けを行う。
  • 高学年(特に6年次)は臨床実習等があり、学習時間の確保が厳しい環境になるが、大学内に自習可能な空間を確保し、個々の学生が切磋琢磨できる環境を整える。
  • 卒業試験(10月末実施)や国家試験(2月実施)へ向けた学習がしっかりと行われているかについて、卒前臨床教育担当教員等によるチェック体制を整える。
    表1 歯科医師国家試験合格率の比較(新卒のみ)
    年度(回)
    /区分
    長崎大学 全  国
    受験者数 合格者数 受験者数 合格者数
    21年度(102回) 48 41 85.4 2,516 1,915 76.1
    22年度(103回) 56 51 91.1 2,355 1,921 81.6
    23年度(104回) 52 46 88.5 2,356 1,928 81.8
    24年度(105回) 47 43 91.5 2,311 1,882 81.4
    25年度(106回) 46 42 91.3 2,372 1,907 80.4
    ※全国平均には、認定及び予備試験の受験者/合格者を含む
    (6)全国的にもユニークな科目である「歯科東洋医学」を3年次生に必須科目として実施している。また「歯科臨床東洋医学」を5年次の統合科目の1つして開講している。これらの科目で東洋医学体系の基礎、鍼のメカニズムと臨床応用、漢方薬の基礎知識と処方等について学習させており、今後、さらに充実した内容にする。
    (7)長崎大学では、平成26年度から「主体的学習促進支援システム(LACS)」を導入し、ICカード型学生証による出席管理システムを導入するとともに講義室の無線LANを整備し、学生のパソコンを必携化(※)しアクティブ・ラーニングによる主体的学修力を涵養する。
     このシステムにより、学習履歴・成果の状況、学生と教員とのコミュニケーション、ジェネリックスキル形成の可視化が可能となる。また授業に関する様々な情報(目標、メモ、課題、レポート等)を管理し、学生のポートフォリオを活用することで、学生の様々な気づきを支援できる。
    (※)パソコン購入が困難な場合は、大学から貸与される予定である。

2.教養教育について
 モジュール科目「美と健康」を歯学系教員にて開講している。また、モジュール科目「安全で安心できる社会」に歯学系教員が参加している。

3.大学院教育について
 大学院医歯薬学総合研究科において各専攻の科目を担当するほか、共通科目として開講している「生命医療科学トピックス」、「分子細胞生物学」、「ゲノム科学」、「生体材料科学」、「硬組織科学」、「先端機器実習」、「生命科学特論・実習」の各科目の講義・実習の講師になっている。

▲INDEX

V 研究推進体制の現状と今後の取組

 国内外の研究者と連携し、歯科口腔医学研究を推進するために学部内に3つの研究センター(硬組織分子基盤研究センター、歯周病基盤研究センター及び歯科東洋医学基盤研究センター)を設置しており、特に「硬組織研究」と「歯周病研究」に重点的に取り組む。

1.優秀な歯科口腔医学研究者の輩出を目指す
 AO入試選抜者を中心とした十数名の学生を3年次より歯学研究コースに配属し、学生が高いリサーチマインドを有することができるよう教育及び研究指導を行い、優秀な歯科口腔医学研究者を輩出する大学となる。

2.硬組織分子基盤研究センターを国内外の中心研究拠点にする
 本学部では平成21年度に、硬組織分子基盤センターを学内研究センターとして設立しており、同センターは第1期重点研究課題の「骨格系の基盤研究拠点形成」が基となっている。当課題で採用されたテニュア・トラック教員2名は現在、新しい研究分野である「分子硬組織生物学」の教授と准教授に就任し同センターの中心的存在として研究を継続するとともに、その1人は最先端・次世代研究開発支援プログラムに採択されている。

3.歯周病基盤研究センターを国内外の中心研究拠点にする
 本学部は平成20〜24年度特別経費「歯学連携ネットワークによる口腔からQOL向上を目指す研究」のカテゴリー研究「口腔環境制御研究」の代表連携校となり、歯周病基盤研究センターはその中心的な役割を果たし、平成24年度には歯周病原細菌に関する国際会議を長崎にて開催した。

▲INDEX

W 医療体制の現状と今後の取組
1.先進医療の推進
歯科系では現在以下の2種について行っている。
  • X線CT画像診断に基づく手術用顕微鏡を用いた歯根端切除手術
  • 歯周外科治療におけるバイオ・リジェネレーション法
また下記の3種について実施に向け、準備を進めており、是非これら先進医療実施を実現したい。
  • 歯科用CAD・CAMシステムを用いたハイブリッドレジンによる歯冠補綴
  • 金属代替材料としてグラスファイバーで補強された高強度のコンポジットレジンを用いた三ユニットブリッジ治療
  • 有床義歯補綴治療における総合的咬合・咀嚼機能検査
2.医科歯科連携の取組の推進
 病院統合後、医科歯科連携は以前よりも実質的になっている。 まず周術期における口腔ケアを行うため、周術期口腔管理センターを立ち上げた。周術期管理はもちろん、ICU患者へも同様の管理を行っている。患者数は平成24年5月立ち上げ時より約2倍に増加し、内科などからの要望も増加している。
 また、摂食嚥下リハビリテーション部門においても医科歯科連携の取り組みが行われており、今後更なる連携を推進する。
▲INDEX

X 地域連携の現状と今後の取組
地域歯科医療機関と連携した歯科口腔医学教育を推進する。
1.地域歯科医療との関係
 早期体験実習として30以上の市内の歯科医院に1年次生を8回、終日派遣して実際の歯科医療現場を体験させている。このプログラムは長崎県歯科医師会及び長崎市歯科医師会からの全面的な協力を頂いて実施しており、平成14年度から開始し11年の実績がある。
2.離島僻地歯科医療
    (1)医学部・薬学部学生との離島医療・保健実習の共修プログラム
    五島市健康政策課/長寿介護課で実施される「わくわくスリム教室」では3学部学生による講話や、体重、血圧、腹囲などの測定を行っている。五島保健所での3学部生共同の机上シミュレーション、特別養護老人ホームでの入所者の口腔ケアや食事の介助などの福祉実習、地域歯科クリニックでの見学実習等も実施している。
    (2)二次離島への歯科医師の派遣
    五島市(福江島)の二次離島、椛島の伊福貴診療所歯科室に医歯薬学総合研究科(歯学系)の歯科医師を派遣している。

3.福島支援事業
 震災直後の歯科医師派遣に加えて、平成24年度には「福島県相双地域における医療・介護職向け嚥下リハビリ支援事業」(国立大学協会:震災復興・日本再生支援事業)に採択され、医療・介護関連職種を対象にした摂食・嚥下研修会を開催するともに「支援者のための摂食・嚥下ケアハンドブック」を作成した。平成25年度も同様な事業を展開し、相双地域での自立的な嚥下ケア連携体制確立に向けた支援を実施する。

4.県歯科医師会との連携
 年に一度、県歯科医師会の執行部と歯学部教授会メンバー(臨床の教授が中心)との定例会議を開催し、協議事項についての審議と相互の親睦を図っている。

▲INDEX

Y 国際交流の現状と今後の取組
1.国際交流協定締結校(本学部が主幹であるもの)
  • 上海交通大学医学院(中国) 平成15年3月10日
  • 第四軍医大学(中国) 平成15年3月26日
  • トリサクティ大学(インドネシア) 平成17年1月26日
  • イースト大学(フィリピン) 平成17年1月26日
  • ナイロビ大学(ケニア共和国) 平成22年11月3日
2.学生の外国留学
    平成22年度〜平成24年度実績(私事渡航を含む)
    年度/区分 国   名
    中国 韓国 アメリカ オーストリア ドイツ フランス
    22年度 1(0) 1(1) 0 4(4) 0 1(1)
    23年度 1(1) 3(3) 0 6(6) 2(2) 0
    24年度 3(1) 3(1) 0 0 0 0
    25年度 3(2) 2(1) 1(1) 0 0 1(1)
    ※ 渡航目的は主に語学留学。( )数字は内数で単位認定を行った者の数
3.優秀な学生および大学院生の国際学会等への派遣

    (1)歯学研究コース履修者の海外研修
    歯学研究コース(大学院への進学を目指す学生を対象とした所定のカリキュラムコース)履修者は、各研究分野に配属され、研究の手ほどきを受ける。最終的な成果報告として、英語によるプレゼンテーションを行った後、優秀な者には短期海外留学、国際学会、国内学会での発表の機会を与える。
    (2)優秀な大学院生の国際学会発表の支援
    歯学部同窓会より頂いた資金により国際学会で発表する大学院生のなかから英語によるプレゼンテーションを含む選考により優秀な者に対して旅費等を支援する。

4.留学生数
本学部では積極的に留学生を受け入れている。今後、外国の歯学部との単位互換協定の締結や短期留学の推進を行う。

▲INDEX
Z 教員組織の現状と今後の取組

1.新任助教を対象とした部局テニュア・トラック制の導入
 すでに医歯薬学総合研究科(歯学系)では基礎系教員の助教を採用する際はテニュア・トラック制で採用することを決定しており、現在、1名のテニュア・トラック助教が在籍している。

2.女性教員採用率30%の達成
 平成25年4月1日現在の医歯薬学総合研究科(歯学系)及び病院歯科系診療部門所属の教員(有期雇用職員を除く)のうち、女性教員の割合は27.27%である。女性教員採用率は30%を達成していない主な要因は、教授が全て男性であるためであるが、所属教員の現員に対する准教授及び助教の女性割合は、本学の看護系を除く理系学部では高い割合である。
 後任教授を公募する際は、男女共同参画の観点から、同等程度の能力・評価を有する場合は女性を積極的に採用することとしている。今後は、女性教員の昇任及び外部からの登用を行い、30%を達成する。

3.外国人教員数の増加
 4年次後期「実践臨床歯科英会話」を担当する教員として外国人教員を非常勤講師として採用しており、今後も増加を図る。

▲INDEX

 
 
国立大学法人 長崎大学