Home
学部長メッセージ
学部概要
マスタープラン
教育研究活動
国際交流・留学
訪問者別INDEX
入学希望の皆さまへ
在学生の皆さまへ
卒業生の皆さまへ
地域の皆さまへ
研究関係の皆さまへ
研修医希望の方へ
歯科医師の求人を希望される方へ
 
教育研究活動
 
ホーム教育研究活動研究分野(旧講座)>口腔分子生化学(旧口腔生化学)

口腔分子生化学(旧口腔生化学) 概要

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科医療科学専攻
口腔分子生化学分野
Tel: 095-819-7641(受付)
Fax: 095-819-7642
ホームページ分野独自のホームページ
Department of Oral Molecular Biology,
Medical and Dental Sciences,
Graduate School of Biomedical Sciences,
Nagasaki University

指導教員
職名 氏名 E-mail 学位
教 授  根本 孝幸
理学博士
准教授  根本 優子
理学博士
助 教  馬場 友巳
歯学博士

教育活動
 (学部教育)
 細胞生物学入門I、歯学展望、
 細胞生物学プラクシス
1年次・前期
 生化学、生化学実験 2年次・前期
 口腔生化学 3年次・後期
 基礎歯学研究概論、基礎歯学研究 3年次・通年
 基礎歯学輪講 6年次・前期
 (大学院教育)
 生命医療科学概論:分子細胞生物学 1、2年次・後期
(集中講義)
 先端機器実習 1年次・前期
(集中講義)
 口腔分子生化学演習I、II 1、2年次・前期
 口腔分子生化学実習I、II 1、2年次・前期
 口腔分子生化学論文研究I、II 3、4年次・前期

主な研究テーマ
  • 歯周病原細菌発現エキソペプチダーゼの解析
  • 歯周病原細菌と全身疾患連関の解析
  • 骨芽細胞の分化と石灰化機構の解明

主な原著論文
  1. Nemoto TK, Bezerra GA, Ono T, Nishimata H, Fujiwara T, Ohara-Nemoto Y: Identification of a new subtype of dipeptidyl peptidase 11 and a third group of the S46-family members specifically present in the genus Bacteroides. Biochimie pii: S0300-9084(17)30267-5, 2017
  2. Ohara-Nemoto Y, Nakasato M, Shimoyama Y, Baba TT, Kobayakawa T, Ono T, Yaegashi T, Kimura S, Nemoto TK: Degradation of incretins and modulation of blood glucose levels by periodontopathic bacterial dipeptidyl peptidase 4. Infect. Immun. 85, e00277-17, 2017
  3. Bezerra GA, Ohara-Nemoto Y, Cornaciu I, Fedosyuk S, Hoffmann G, Round A, Márquez JA, Nemoto TK, Djinovi?-Carugo K: Bacterial protease uses distinct thermodynamic signatures for substrate recognition. Sci. Rep. 7, 2848, 2017
  4. Nemoto TK, Ohara-Nemoto Y, Bezerra GA, Shimoyama Y, Kimura S: A Porphyromonas gingivalis periplasmic novel exopeptidase, acylpeptidyl oligopeptidase, releases N-acylated di- and tripeptides from oligopeptides. J. Biol. Chem. 291, 5913-5925, 2016
  5. Shimoyama Y, Ohara-Nemoto Y, Kimura M, Kimura S, Tanaka M, Nemoto TK: Genotyping procedure utilizing nested PCR for P. gingivalis fimA demonstrates dominant preference of fimA-type I and IVin healthy children. J. Dent. Sci. 12, 213-219, 2017
  6. Nemoto TK, Ohara-Nemoto Y: Exopeptidases and gingipains in Porphyromonas gingivalis as prerequisites for its amino acid metabolism Jpn. Dental Sci. Rev. 52, 22-29, 2015
  7. Ohara-Nemoto Y, Rouf SM, Naito M, Yanase A, Tetsuo F, Ono T, Kobayakawa T, Shimoyama Y, Kimura S, Nakayama K, Saiki K, Konishi K, Nemoto TK: Identification and characterization of prokaryotic dipeptidyl-peptidase 5 from Porphyromonas gingivalis. J. Biol. Chem. 289, 5436-5448, 2014
  8. Baba TT, Ohara-Nemoto Y, Miyazaki T, Nemoto, TK: Involvement of geranylgeranylation of Rho and Rac GTPases in adipogenic and RANKL expression, which was inhibited by simvastatin. Cell Biochem. Funct. 31, 652-659, 2013
  9. Ohara-Nemoto Y, Shimoyama Y, Kimura S, Kon A, Haraga H, Nemoto TK: Asp- and Glu-specific novel dipeptidyl peptidase 11 of Porphyromonas gingivalis that ensures utilization of proteinaceous energy sources. J. Biol. Chem. 286, 38115-38127, 2011
  10. Nemoto TK, Ohara-Nemoto Y, Ono T, Kobayakawa T, Shimoyama Y, Kimura S, Takagi T: Characterization of the glutamyl endopeptidase from Staphylococcus aureus expressed in Escherichia coli. FEBS J. 275, 573-587, 2008

研究業績(1995年〜) PDF
  2012年 2011年 2010年 2009年
2008年 2007年 2006年 2005年 2004年
2003年 2002年 2001年 2000年 1999年
1998年 1997年 1996年 1995年  
各業績集はPDFデータで作成されています。
閲覧には、Adobe Acrobat Readerが必要です。
 
 
国立大学法人 長崎大学